F1:ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハのマイアミGPでの全体的な力強いペースは、F1での初ポイントを犠牲にしたミスよりも重要だったと語る。

マイアミでは、今シーズン初めて、ミック・シューマッハはレースウィークエンド全体でハースF1チームのチームメイトであるケビン・マグヌッセンを総合的に上回った。

そして、決勝ではF1初ポイント獲得を達成する目前だったが、セバスチャン・ベッテルを追い抜こうとしたときにミスを犯して接触し、そのチャンスは消えた。

このインシデントは、ケビン・マグヌッセンがチェッカーフラッグからわずか2周でランス・ストロールと接触したことと相まって、ハースF1チームのポイント獲得のチャンスを失い、チーム代表のギュンター・シュタイナーにとって楽めない後退となった。

「我々はポイントに向かっていた。おそらく2台の車でポイントを獲得することができたが、セーフティカーのリスタートですべてを失った」とギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は何も残さずに去るつもりだ。まあ、何も残さないわけではないがね。壊れたパーツを置いていく!」

ラルフ・シューマッハは、ミック・シューマッハのミスは「ポイントを犠牲にしたので、非常に苛立たしいものだった」と認めるが、ケビン・マグヌッセンの方が、彼のより敏感な甥よりも、ギュター・シュタイナーのレース後の怒りにうまく対処した可能性が高いと考えている。

「ミックとシュタイナーは性格が合わない」とラルフ・シューマッハはF1 Insiderに語った。

「ケビン・マグヌッセンのような外見上タフな男の方がシュタイナーには合っている」

しかし、マイアミでのミック・シューマッハのレースウィークエンドを評価することになると、元F1ドライバーのラルフ・はセバスチャン・ベッテルとの衝突の結果よりも相対的なパフォーマンスに焦点を当てることを好んだ。

そして、彼がフロリダで見たものは、ミック・シューマッハの恩人であるフェラーリも喜ばせただろうと考えている。

「私にとってもっと重要だったのは、ミックがとても良い週末を過ごしたことだった」とラルフ・シューマッハは語った。

「彼は一貫してチームメイトよりも速く、自分の力でポイントを獲得するための基礎を築いた」

「マイアミでは、ミックはスピードのおかげでドライバーとしての違いを生み出した。そのため、トレンドは正しい方向に進んでいる」

「それこそが、フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットが見たいと思っているものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ラルフ・シューマッハ / ハース