メルセデスF1代表 「W13の問題は昨年10月の1つの決定に起因」
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、W13をスピードアップするためのチームの努力を振り返り、メルセデスが2022年マシンの開発で「間違いを犯した」瞬間は、約12か月前の開発の決断だったと語る。

コンストラクターズタイトルを8連覇していたメルセデスF1は、F1のテクニカルレギュレーションの新時代に入ったが、グラウンドエフェクトへの空力変化に適応できず、王座を明け渡した。

レッドブルとフェラーリが競争で優位に立つ中、メルセデスはシーズンのほとんどをパフォーマンスの回復に費やし、初期の極度のポーパシングを含む苦闘の根本原因を理解しようとしてきた。

W13の困難なスタートとその後の開発について質問されたトト・ヴォルフは「クルマのどこが間違っていたのか今はより理解できていると思う。昨年10月の1つの決定にまでさかのぼることができている」と Sky Sports F1 に語った。

その決定が何であったかについて、トト・ヴォルフは車のフロアと車高であるし、「デッキを走れると思ったのに走れなかった! したがって、これは小さなハムスターステップだ。弾道が上昇している限り、多少の反発があっても、我々は良い道を進んでいると思う」と述べた。

最新のアップデート導入に続き、アメリカとメキシコでルイス・ハミルトンが2位に入った後、トト・ヴォルフのコメントが正確に何を意味しているかを質問されたメルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターは「彼が話していたことで私が想像できるのは、多くの実験を行い、レースの週末に何かを試し、学習し、今後の開発の方向性を改善してきたことについてだと思う」と語った。

「先月、我々はこれらの実験を増やした。その結果、我々は早い段階でこの車を開発した場所に関するいくつかの問題を理解することができた。今では、車が動く前の12 か月前に何をしていたかに遡ることができている」

「12ヶ月前に戻れるなら、より賢く、どのような種類の車を開発したいのかについてより多くの情報を得ていただろう。彼は単純に、最近の学習が12か月前に何をすべきだったかを明確にし、理解するのに役立ったという事実に言及したのだと思う」

W13の苦戦にもかかわらず、メルセデスは2022年にこれまでに15回の表彰台を獲得しており、スプリントが行われるサンパウロとアブダビのフィナーレを残して、コンストラクターズランキングで2位のフェラーリにわずか40ポイント差まで迫っている。.

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス