メルセデスF1代表 「パフォーマンスを失った答えが出ていない」
メルセデスは、F1フランスグランプリでW13には「パフォーマンスがない」と語り、どこが悪いのかについてはまだ答えがないと語る。

勝利のための戦えることを期待してポール・リカールに入ったルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルだが、最近のレースよりもフロントから遅れをとった。

4番グリッドでに終わったルイス・ハミルトンは、ポールシッターのシャルル・ルクレールの0.8秒以上離され、6番手のジョージ・ラッセルは1.2秒以上離れた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、週末を通して多くの実験が答えを出せなかったため、チームが高い期待に応えることができなかった理由について頭を悩ませたままになっていると語った。

「我々はゆっくりと、しかし、確実にフロントランナーに返り咲く道を進んでいた」と最近のメルセデスF1の進歩についてトト・ヴォルフは語った。

「シルバーストンには良い兆候があり、通常はまったく競争力のないコースでオーストリアに行き、競争力がなかった理由の兆候をはっきりと見ることができたが、我々は接近していた。1分のサーキットで、我々は0.3秒遅れていたが、それは許容範囲だった」

「ポール・リカールにかなり素晴らしいアップデートパッケージを持ってきた。トラックはスムーズだ。『彼らを追い詰めよう!』という感じだった。だが、パフォーマンスはない。そして、それを理解することはできていない」

「何が悪かったのか理解できていない。ルイスが今朝パラシュートを後ろに引きずっていると説明した。ほぼ最大のリアウィングから、コーナーでスピードを落としすぎる小さなバージョンまで実験した」

「それからタイヤの温度を実験している。フェルスタッペンとのギャップを目にした。0.7秒から1.1秒の差があると言われたら、それはちょっとした平手打ちだ」

メルセデスF1は、ポール・リカールの曲がりくねった最終セクターで特に遅かったが、ストレートでも失っていた。それはおそらくW13が空力効率の弱点を持っている可能性があることを示唆している。

それがそのフィームの潜在的な説明でかと質問されたトト・ヴォルフは「それ自体がエアロマップであるかどうかはわからないが、我々が見ているのは、1つのセッション内で、最初のセクターで完全に競争力がない状態から、Q3の2回目の走行では、セクター1でベストに移行していることだ」とコメント。

「風の影響を受けている、もしくはタイヤに依存しているかにかかわらず、我々の車では機能していない何かが起こっている。車はエッジにある。そしてヒーローとゼロの間には、我々が理解していないように見える非常に細かいマージンがある」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1フランスGP