メルセデスF1代表 「シルバーストンの勢いを維持したい」 / F1ハンガリーGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1イギリスGPでの勝利が、今週末のF1ハンガリーGPでの2連勝と記録的なハンガロリンク9勝目を目指すうえでポジティブな影響を与えると感じている。

F1イギリスGPのオープニングラップのルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのクラッシュは論争となっている。レッドブルはハミルトンの優勝を可能とした10秒ペナルティは寛大すぎるとして再審を請求。木曜日にハンガリーで公聴会が行われた。

関連:FIA、レッドブルF1のハミルトンへの裁定に対する再審請求を却下

「シルバーストーンのイベントについては誰もが自分の意見を持っている。非常に二極化した事件でした」とトト・ヴォルフは語る。

「しかし、最も重要なことは、マックスが無事だということだ。特にあのようなコーナーで高速でマシンがクラッシュするのを見るのは決していいことではない。彼が無傷で事故から抜け出すことができて良かった」

「前回のレース週末はファンにとって非常に面白いものだった、スタンドには満員の観客がいた。それはかなり長い間実現していなかった。彼らのエネルギーを感じることができたし、週末を信じられないほど特別なものにした。そして、もちろん、家で見ている他の人たちにも非常に劇的なレースを見る機会があった」

「今シーズンのマージンがどれほど小さいか、そして、各レースでアドバンテージがチーム間でどのように揺らいでいるかを知っている」

「我々とレッドブルはシルバーストンで非常によくマッチしているように見えたし、フェラーリは非常に速かった。そして、今、戦いは次のラウンドと非常に異なるトラックに移っている」

その非常に異なるトラックであるハンガロリンクは、ルイス・ハミルトンとメルセデスが過去3年間で勝利を収めている。ハミルトンは合計8回の勝利を収めており、史上最多となる9勝目を達成するチャンスがある。ハミルトンにとってそれは通算100勝目でもある。

F1イギリスGPで6レースぶりの勝利を収めたことで、夏休み前の最後のレースでトト・ヴォルフはシーズン序盤の勢いを取り戻したことを期待している。現在、メルセデスはコンストラクターズでレッドブル・ホンダに4ポイント差、ルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンに8ポイント差まで追い上げている。

「我々にとって、シルバーストンはマシンのペースという点で励みになる週末だった」とトト・ヴォルフは語った。

「我々が導入した小さなアップグレードはうまく機能し、大きなポイントを獲得できたので、その勢いを維持したいと考えている」

「ハンガロリングはハイダウンフォースサーキットであるため、前回のレースとは異なるビーストになるだろう。ライバルにより適したトラックだが、我々は手元にあるものをすべて提供していく」

「シーズンの前半は長くて激しいものだったが、もうすぐ夏休みだ。充電する機会を得る前に、我々はうまくシャットダウンに向かうことを確実にし、これまでに起こったすべてのことを確認して、シーズン後半戦に戻ってきたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ハンガリーGP