メルセデスF1代表、ジョージ・ラッセルを称賛「新しいスターが誕生した」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1との初レースで勝利を手にすることができなかったが、チーム代表のトト・ヴォルフは“新しいスターが誕生した”と称賛する。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として急遽メルセデスF1のドライバーとしてF1サヒールGPに出場したジョージ・ラッセル。身長差によってコックピットが狭く1サイズ小さなシューズを履いての走行を強いられた。

予選では長くレギュラードライバーを務めているバルテリ・ボッタスにわずか0.026秒差の2番手という好パフォーマンスを披露。1週間前にウィリアムズのF1マシンで同じサーキットを走行していた感覚が残っており、まったく逆の操作をしなければならないスイッチ類があるなど、マシンに完全な信頼を持てないなかでのこの結果は素晴らしいものだった。

その評価はレースでも確固たるものとなった。スタートでトップに立ったジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスを寄せ付けずに首位を快走。メルセデスとの初レース、そして、初ポイントが初優勝という素晴らしいストーリーが描けるはずだった。

しかし、そんなジョージ・ラッセルに悲劇が襲う。メルセデスは、1-2フィニッシュを確固たるものにするためにセーフティカー導入周回中にピットストップを決断する。しかし、無線の障害によってクルーにそれが伝わっておらず、ジョージ・ラッセルには誤ったフロントタイヤに装着、再度ピットインせざるを得なくなった。

5番手に後退したジョージ・ラッセルは、それでも2番手まで順位を戻していたが、残り9周時点で左リヤタイヤのパンクに見舞われ、4回目のピットストップを強いてジ・エンド。バルテリ・ボッタスの後ろの9位でレースを終えた。

「我々とって、とにかく巨大なしくじりだった」とレース後にトト・ヴォルフは語る。

「私がそんなこと言うのは許されていないが、実際にそうだった。シンプルにタイヤクルーの1人がコールを聞いていなかった。ガレージで無線の故障があり、マシンが入ったとき、彼らは、タイヤを交換しなければならないこと、またそれが間違ったタイヤであることを知らなかった。そらが間違ったタイヤのセットで出ていくことになった理由だ」

「我々は全体的に良い仕事をしたと思う。技術的な故障が発生したが、それは人為的なミスではない。調べる必要がある。確認したが、無線が機能していいなかった。だが、理由はわかっていない。したがって、あのようなことが起こった。我々はそれから学ぶ必要がある」

レース後、トト・ヴォルフはジョージ・ラッセルに無線でメッセージを送り、謝罪と“素晴らしいドライブだった”という言葉でねぎらった。

トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルの努力を改めて称賛した。

「もちろん、非常に感情的だった。メルセデスでの最初のレースに出場し、勝っていたはずであり、実際に記念碑的なレースしていた。言えることはあまりない」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、彼のレースに勝つための最後の試みではないん。今日はうまくいかなかったが、おとぎ話の始まりに過ぎない。新しいスターが誕生したと言える」

「ルイスは絶対的なベンチマークだと思う。それは彼の記録が物語っていることであり、彼の近くには誰もいないと信じている。しかし、今日、私たちは本当に強力な新世代が登場したのを目にした。彼らはとても若く、20代前半だ。限界はない」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの身体から新型コロナウイルスが消えない場合、最終戦アブダビGPで再びジョージ・ラッセルを代役として起用することを確認した。

「テストが陰性の場合、それはルイスのマシンだ。彼は確実に素晴らしいレースをするだろう。テストが陽性の場合、ジョージがマシンに乗る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ジョージ・ラッセル