F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンに2020年に誰がメルセデスで彼のチームメイトになるべきかについて相談したことを認めた。

メルセデスは、2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトについて、バルテリ・ボッタスの継続かリザーブドライバーのエステバン・オコンの昇格の二択で検討していることを明らかにしている。

「この決定はチームの利益に基づいてのみ下される」とトト・ヴォルフは La Gazzetta dello Sport にコメント。

「だが、ルイスは長い間我々と一緒にいる。そうだね、私は彼に我々の狭いリストを提出して、意見を求めた」

「彼はどちらも彼のチームメイトに値すると我々とまったく同じように考えている」

バルテリ・ボッタスに比べ、エステバン・オコンはトップレベルでの経験が比較しているが、トト・ヴォルフは若者を起用することに何の不安もないと語る。

「難しい決断になる。バルテリのことはフォーミュラ・ルノーから知っているし、エステバンはF3でスタートしたときから知っている」とトト・ヴォルフはコメント。

「若者にチャンスを与えるという素晴らしいテーマがある。最近のF1の歴史では、トップチームですぐに輝きを放ったドライバーは2人だけだった。マクラーレンでのルイス・ハミルトン、そして、レッドブルでのマックス・フェルスタッペンだ」

「後者は、初年度にトロロッソ、その後の2年をレッドブルで成長に必要な時間を与えられた。フェラーリやメルセデスでは非常に高いプレッシャーがかかる。とはいえ、二人ともその場所にふさわしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン