メルセデスの2022年12月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」

2022年12月30日
メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは通常、レッドブルのドライバーラインナップに注目することはないだろうが、ニック・デ・フリースがいつかチャンスを得ることを望んでいると認める。

ニック・デ・フリースは、メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めた後、2023年にスクーデリア・アルファタウリでF1グリッドに加わる機会を与えられた。2022年のF1イタリアGPの週末に体調不良のアレックス・アルボンの代役としてウィリアムズで出場した後、多くの人に感銘を与えた。

メルセデスF1代表 「W13のバウンシングでエンジンが損傷していた」

2022年12月30日
メルセデスF1代表 「W13のバウンシングでエンジンが損傷していた」
メルセデスF1は、2022年のF1マシンがバウンシングした際のF1パワーユニットへの影響を明らかにし、エンジンに損傷を与えたと述べた。

2022年F1シーズンの初期段階で、メルセデスF1は、W13がストレートで大きくバンシングする過剰なポーパシング問題を抱えていた。

メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」

2022年12月29日
メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1ブラジルGPでのジョージ・ラッセルのF1初優勝を見届けることができなかったが、遠くからインテルラゴスでのアクションに没頭し、見守っていた。

2014年にメルセデスF1チームの指揮を執って以来、トト・ヴォルフは過去9シーズンで今年の鈴鹿でのF1日本GPを含め、3戦しか欠場していない。11月に予定が詰め込まれていたため、サンパウロでのフライアウェイラウンドを欠場することを余儀なくされた。

F1マシン技術解説:メルセデスF1の“悪夢”から“勝利の喜び”までの軌跡

2022年12月28日
F1マシン技術解説:メルセデスF1の“悪夢”から“勝利の喜び”までの軌跡
2022年のF1世界選手権は、メルセデスF1にとって発見の旅だった。最初に問題があることを認識し、簡単に解決できないことを認識し、チャンピオンシップの脅威であるという希望を一掃したポーパシングとバウンシングの問題を徐々に理解するシーズンだった。

その旅は多かれ少なかれ、インテルラゴスでのF1ブラジルGPでの勝利の士気の高まりで終わった。しかし、旅の終わりが実際に成功と見なされるかどうかは、来シーズンのW14が2022年の痛みと学習の集大成であり、メルセデスを定期的に優勝争いに戻すかどうかにかかっている。

ジョージ・ラッセルがメルセデスF1の契約を獲得した“1週間の我慢”

2022年12月28日
ジョージ・ラッセルがメルセデスF1の契約を獲得した“1週間の我慢”
ジョージ・ラッセルは、2015年にメルセデスF1のジュニアドライバーとして契約し、最終的に2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとしてメルセデスF1チームに昇格した。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウォルフとの連絡を1週間遅らせことが、ドライバー育成プログラムの場所を確保する上でいかに重要だったかを説明した。

ミック・シューマッハ「2014年にお忍びでメルセデスF1のシムを体験」

2022年12月28日
ミック・シューマッハ「2014年にお忍びでメルセデスF1のシムを体験」
ミック・シューマッハは、2014年に初めてF1シミュレーターを体験するために「お忍び」でメルセデスF1を訪れて以来、チームのF1オペレーションの「計り知れない」成長を目にしたと語る。

メルセデスF1は今月、2023年シーズンの新しいリザーブドライバーとしてシューマッハと契約したことを発表。先月ハースF1チームのシートを失い、4年間続いたフェラーリとのパートナーシップを終了したシューマッハのキャリアにおける次のステップとなる。

メルセデスF1首脳 「ポーパシングを大きな問題だと認識していなかった」

2022年12月27日
メルセデスF1首脳 「ポーパシングを大きな問題だと認識していなかった」
メルセデスF1は、2022年にバルセロナで行われた1回目のプレシーズンテストで、ポーポイジングの問題がすでに明らかになっていたが、W13が「悪い場所にある」とは考えていなかったと明かす。

メルセデスF1は、初期の開発段階のパッケージでスペイングランプリの会場でトップタイムをマーク。これは、車高の大幅な変更と、F1の技術規則の下で走行するように設計されておらず、合法と見なされていない金属製のフロアステーが追加されたマシンでのものだった。

メルセデスF1代表「初対面のペップ・グラウディオラとの類似点に驚いた」

2022年12月27日
メルセデスF1代表「初対面のペップ・グラウディオラとの類似点に驚いた」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、マンチェスター・シティの監督でありペップ・グアルディオラと初めて会った後、彼の管理アプローチが自分といかに似ているかに感銘を受けたと語る。

ペップ・グアルディオラは、F1アブダビGPの週末にF1パドックを訪れ、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフによってヤス・マリーナ・サーキットのホットラップに連れて出された。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトンがいたことで僕のF1キャリアは救われた」

2022年12月27日
ジョージ・ラッセル 「ハミルトンがいたことで僕のF1キャリアは救われた」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンに彼のF1キャリアを救ってくれたと冗談を言ったと語る。

ウィリアムズでの3年間の修業期間を経て、今年、メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、W13の競争力の低さにも関わらず、9回連続でトップ 5 に入るという成績を収め、すぐにシートに値することを証明した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム