2022年12月のF1情報を一覧表示します。

2023年に最も経験豊富なドライバーラインナップを揃えたF1チームは?

2022年12月29日
2023年に最も経験豊富なドライバーラインナップを揃えたF1チームは?
2023年のF1世界選手権は、各チームでドライバーの交代が多くあり、ルーキーから経験豊富なドライバーまで様々なレベルのドライバーが競い合う。

最も簡単な例として、F1史上で最多レーススタート(355回)を誇る最も経験豊富なドライバーであるフェルナンド・アロンソは、まだ1回もF1でレースをしていない2人のルーキーとともに2023年のグリッドに並ぶ。

レッドブルF1代表 「ニューウェイはまだF1のマトリックスに住んでいる」

2022年12月29日
レッドブルF1代表 「ニューウェイはまだF1のマトリックスに住んでいる」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、エイドリアン・ニューウェイはさまざまなプロジェクトに時間を割いているにもかかわらず、F1に関してはまだ「マトリックスに住んでいる」と語った.

エイドリアン・ニューウェイは、数年前にF1への関与の一部を縮小し、レッドブル・レーシングのエンジニアリングを担当する技術部門であるRed Bull Advanced Technologiesで最近では同社のハイパーカーであるRB17などの特別なプロジェクトに対する設計および生産能力を担当している。

ダニエル・リカルド、2023年はレースシートなしもF1キャリアで最高年収

2022年12月29日
ダニエル・リカルド、2023年はレースシートなしもF1キャリアで最高年収
ダニエル・リカルドは、2023年にフルタイムのF1シートがないにもかかわらず、F1キャリアで最高額の給与を獲得するとされている。

2シーズンの期待外れな結果を受け、マクラーレンF1は、ダニエル・リカルドとの契約を1年早くに解消し、ルーキーのオスカー・ピアストリを起用することを決定した。

シャルル・ルクレール 「2022年F1シーズンに2つの重大なミスを犯した」

2022年12月29日
シャルル・ルクレール 「2022年F1シーズンに2つの重大なミスを犯した」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2022年のF1世界選手権でドライバーズチャンピオンシップ2位を獲得したにもかかわらず、シーズン中に2つの“重大なミス”を犯したと感じている。

シャルル・ルクレールは、2022年F1シーズン序盤にチャンピオンシップを争っているように見え、最初の3つのレースのうち 2勝を挙げた。

メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」

2022年12月29日
メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1ブラジルGPでのジョージ・ラッセルのF1初優勝を見届けることができなかったが、遠くからインテルラゴスでのアクションに没頭し、見守っていた。

2014年にメルセデスF1チームの指揮を執って以来、トト・ヴォルフは過去9シーズンで今年の鈴鹿でのF1日本GPを含め、3戦しか欠場していない。11月に予定が詰め込まれていたため、サンパウロでのフライアウェイラウンドを欠場することを余儀なくされた。

レッドブル RB18 「全速度域でダウンフォース生成」:2022年F1マシン解析

2022年12月29日
レッドブル RB18 「全速度域でダウンフォース生成」:2022年F1マシン解析
レッドブル RB18は、F1史上で最も成功したF1マシンの1台として名を馳せることになった。マックス・フェルスタッペを2度目のF1ワールドチャンピオン、レッドブル・レーシングに5度目のコンストラクターズチャンピオンシップ(9年ぶり)に導いた。

レッドブル RB18は、2022年のF1世界選手権の22戦で、マックス・フェルスタッペンが15勝、セルジオ・ペレスが2勝と合計17勝を挙げた。

ピエール・ガスリー、エステバン・オコンとの確執報道は「笑わせる」

2022年12月29日
アルピーヌF1のピエール・ガスリー、エステバン・オコンとの確執報道は「笑わせる」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームのチームメイトであるエステバン・オコンとの生涯にわたる確執についてのメディア報道は彼を「笑わせる」と語る。

ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリを去り、アストンマーティンに移籍したフェルナンド・アロンソの後任として2023年にアルピーヌF1チームに加入し、エステバン・オコンとチームを組む。

アストンマーティンF1 「ライバルの真似をしているだけでは勝てない」

2022年12月29日
アストンマーティンF1 「ライバルの真似をしているだけでは勝てない」
アストンマーティンF1のテクニカルディレクターを務めるダン・ファローズは、チームが将来フィールドの先頭での戦いに参加したいのであれば、ライバルがやっていることを真似するだけでなく、独自のやり方を開発する必要があると語る.

チームオーナーのローレンス・ストロールがF1のトップコンテンダーになるという野望を発表して以来、アストンマーティンF1は重要な採用活動に取り組んでいる。

「ニック・デ・フリースの性格はF1で成功する」とフォーミュラE時代のボス

2022年12月29日
「ニック・デ・フリースの性格はF1で成功する」とフォーミュラE時代のボス
ニック・デ・フリースは、2023年のスクーデリア・アルファタウリでのF1デビューで成功する性格の持ち主だとフォーミュラE時代のボスであるイアン・ジェームスは語る。

2020-21シーズンにメルセデスでフォーミュラEチャンピオンを獲得したニック・デ・フリースは、2023年のスクーデリア・アルファタウリのF1シートを獲得し、チームで角田裕毅とパートナーを組む。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 42 | 43 | 44 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム