メルセデスの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

メルセデス、F1日本GPで空力アップデートを投入

2019年9月30日
メルセデス、F1日本GPで空力アップデートを投入
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPにむけてW10に空力アップデートを投入する準備を整えていると語った。

メルセデスはF1ロシアGPで1-2フィニッシュを達成したが、実質的にはシンガポールGPで大幅アップデートを投入したフェラーリが最速のマシンだった。

ルイス・ハミルトン、4戦ぶりの勝利「セーフティカーがなくても勝てた」

2019年9月30日
ルイス・ハミルトン、4戦ぶりの勝利 「セーフティカーなくても勝てた」 / メルセデス F1ロシアGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPで優勝。夏休み以降での初勝利であり、今季9勝目を挙げてチャンピオンシップのリードを広げた。

「久しぶりの優勝のように感じるし、チーム全体が素晴らしい仕事をした。決して諦めず、攻め続け、革新的であろうとしている。このチームの一員であることに本当に刺激を受けているし、最初のスティントでフェラーリがどれほど速かったかを考えると、今日の結果は素晴らしい」とルイス・ハミルトンはコメント。

バルテリ・ボッタス 「フェラーリの方が速かったが他の部分で勝った」

2019年9月30日
バルテリ・ボッタス 「フェラーリの方が速かったが他の部分で勝った」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPの決勝レースで2位表彰台を獲得した。

「前回の1-2から久しぶりだったので、二人揃って表彰台に立つことができて本当にいい気分だ。チーム全体が本当に勇気づけられ、モチベーションが上がる結果だ」とバルテリ・ボッタスはコメント。

メルセデス 「ベッテルのリタイアが我々に勝利をもたらした」

2019年9月30日
メルセデス 「ベッテルのリタイアが我々に勝利をもたらした」
メルセデスのF1チーム代表をと止めるトト・ヴォルフは、F1ロシアGPでのルイス・ハミルトンの勝利は、セバスチャン・ベッテルのリタイア後のセーフティーカーによってもたらされたものだと認めた。

セバスチャン・ベッテルは、ピットアウト直後にMGU-Kの問題でコース上にストップしてリタイア。マシンを撤去するためにバーチャルセーフティカーが導入された。その時点でまたピットインしていなかったルイス・ハミルトンは、バーチャルセーフティカー中にタイヤ交換をすませてトップでコースに復帰して勝利を手にした。

フェラーリ 「メルセデスがミディアムスタートを選択したのは驚き」

2019年9月29日
フェラーリ 「メルセデスがミディアムスタートを選択したのは驚き」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、メルセデスがF1ロシアGPの決勝をミディアムタイヤでスタートすることを選択したのを見て驚いたと語る。

メルセデスの両方のドライバーはミディアムタイヤでQ2を突破し、スタートタイヤが決定。一方、フェラーリのシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルはソフトタイヤでスタートする。

レッドブルF1代表 「メルセデスの予選モードはもはやアフタヌーンティー」

2019年9月29日
レッドブルF1代表 「メルセデスの予選モードはもはやアフタヌーンティー」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの“予選モード”は陰りつつあり、今ではレッドブル・ホンダは一発のペースでメルセデスに匹敵できると確信している。

フェラーリのストレートスピードの優位性はシーズン序盤から話題となっていたが、最近のアップグレードによって真価を発揮。F1ロシアGPではシャルル・ルクレールが4戦連続となるポールポジションを獲得。4連勝も見えてきた。

メルセデスF1「マクラーレンとの契約はワークスチーム撤退の予兆ではない」

2019年9月29日
メルセデスF1「マクラーレンとの契約はワークスチーム撤退の予兆ではない」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年からのマクラーレンとのF1エンジン契約がワークスチームとして撤退する予兆であるとの見方を否定した。

メルセデスは9月28日(土)に2021年からマクラーレンとF1エンジン契約について4年契約を締結したことを発表。1995年から2014年まで続いたマクラーレン・メルセデスのパートナーシップが復活するとなった。

ランド・ノリス 「社用車としてメルセデスに乗るのが楽しみだね」

2019年9月29日
ランド・ノリス 「社用車としてメルセデスに乗るのが楽しみだね」
ランド・ノリスは、マクラーレンのメルセデスとのF1エンジン契約は現状をそれほど変えるわけではないのであまり興奮していないと語る。

マクラーレンは、F1ロシアGPの週末に4年契約を結んで2021年からメルセデスのF1エンジンに切り替えることを発表。だが、来季は現在のパートナーであるルノーのF1エンジンを継続する。

ルイス・ハミルトン 「フェラーリの“ジェットモード”には敵わない」

2019年9月29日
ルイス・ハミルトン 「フェラーリの“ジェットモード”には敵わない」 / メルセデス F1ロシアGP予選
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ロシアGP予選での最後のラップは完璧に近いものだったと感じているが、“ジェットモード”と表現するフェラーリのストレートスピードによって0.4秒差をつけられることになった。

ルイス・ハミルトンは、フェラーリ勢に割って入り、4戦連続でポールポジションを獲得したシャルル・ルクレールの隣のフロントローを獲得した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム