マクラーレンF1、アップグレードで0.5秒アップを実現? / スペイングランプリ
マクラーレンF1は、スペイングランプリでMCL36に投入するアップグレードによって1周あたり0.5秒の改善を達成する可能性があるとF1ジャーナリストのローレンス・バレットは伝えている。

バルセロナでの1回目のプレシーズンテストで際立ったパフォーマンスを発揮したマクラーレンは、ついに再びタイトルを争うことを望んでいたが、2回目のバーレーンでのテストで、車はブレーキの冷却問題に悩まされ、その後遺症は開幕戦まで尾を引いた。

しかし、その後、迅速な修正によってマクラレーンは進歩を果たし、ランド・ノリスはエミリア・ロマーニャGPで3位表彰台を達成している。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、スペイングランプリでアップグレードが予定されていることをすでに確認している。

「我々はスペイン週末にむけて車にいくつかアップグレードを持ち込んでいる」とアンドレアス・ザイドルはコメント。


「バルセロナに先駆けて多くのチームが変更を加える非常に忙しい1週間だったと思う。ポイントをかけた戦いは今後も続くだろう」

Auto Motor und Sportのトビ・グリューナーは、MCL36に取り付けられた新しいカーボンファイバーブレーキダクトを指摘した。

「古いチタンパーツはついになくなった」とトビ・グリュナーは述べた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スペインGP