マクラーレンの2022年09月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入

2022年9月30日
マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入
マクラーレンは、F1シンガポールGPでランド・ノリスにのみアップグレードを投入するが、チームメイトのダニエル・リカルドは何も問題ないと語る。

新しいアップグレードパッケージには新しいフロアとサイドポッドが含まれているが、シンガポールではランド・ノリスが優先され、ダニエル・リカルドには来週末の日本で投入される。

マクラーレン 「2023年F1マシンでは今季と同じ過ちは繰り返せない」

2022年9月28日
マクラーレン 「2023年F1マシンでは今季と同じ過ちは繰り返せない」
マクラーレンは、2023年F1マシンでは、今シーズンのように追いつくための努力を繰り返すわけにはいかないため「大きな一歩」が必要だと語る。

マクラーレンは、最後のプレシーズンテストをブレーキの問題に見舞われて終了し、シーズン開幕戦のバーレーンGPではほぼテールエンドに位置し、2022年の大部分を通して開発作業で後手に回った。

マクラーレンF1加入のオスカー・ピアストリ 「リカルドから連絡があった」

2022年9月28日
マクラーレンF1加入のオスカー・ピアストリ 「リカルドから連絡があった」
マクラーレンの次期F1ドライバーであるオスカー・ピアストリは、同じオーストラリア人で、結果的にシートを奪うことになったダニエル・リカルドから連絡を取り、不快な感情はないと伝えられたことを明らかにした。

アルピーヌとマクラーレンが2023年にドライブすると発表した後、オスカー・ピアストリは綱引きに巻き込まれた。ジュニアフォーミュラを通じて21歳のピアストリを育ててきたアルピーヌは、来年ウィリアムズに彼を配置することを望んでいたが、フェルナンド・アロンソの突然の退団を受けて、ピアストリのエステバン・オコンのチームメイトとしてすぐに発表した。

ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」

2022年9月28日
ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」
ランド・ノリスは、仲間のF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンを高く評価しており、F1に参加したなかで「最も才能のあるドライバーの1人」であると主張している。

マックス・フェルスタッペンは今年2度目のF1タイトル獲得に向けて順調に進んでおり、早ければ今週末のF1シンガポールGPでそのタイトルを獲得する可能性がある。

オスカー・ピアストリ、F1キャリアの固定カーナンバーは“81”を選択

2022年9月28日
オスカー・ピアストリ、F1キャリアの固定カーナンバーは“81”を選択
オスカー・ピアストリは、2023年からマクラーレンですたーとするF1 キャリアで使用する固定カーナンバーに“81”を選択した。

アルピーヌF1チームとの厄介な契約問題が解決されたオスカー・ピアストリは、マクラーレンと複数年契約を結んで2023年にF1デビューを果たす。

オスカー・ピアストリ 「F1はある意味でゼロからの再出発」

2022年9月27日
オスカー・ピアストリ 「F1はある意味でゼロからの再出発」
オスカー・ピアストリは、2023年のF1デビューはこれまでのモーターレースのキャリアを完全にリセットするものだと説明する。

フェルナンド・アロンソの退団後、オスカー・ピアストリはアルピーヌF1チーム内で昇進する準備ができているように見えたが、舞台裏でマクラーレンとの契約を結んでいたピアストリは、2023年の契約をめぐった厄介な議論を勃発させた。

マクラーレンF1、シンガポールGPと日本GPで斬新なカラーリング

2022年9月27日
マクラーレンF1、シンガポールGPと日本GPで斬新なカラーリング
マクラーレンは、F1シンガポールGPとF1日本GPの2連戦で印象的なカラーリングのデザインを公開した。

マクラーレンは、2017年から通常のパパイヤカラーを使用することを選択して以降、レーストラックで注目を集めている。昨シーズンは、2つの特別カラーリングでレースを行った。特にモナコGPではアイコニックな淡いブルーのガルフカラーが好評を博し、アブダビではパートナーのヴュセのマルチカラー ストライプが使用された。

アンドレアス・ザイドル 「F1でポルシェとアウディが戦えば刺激的」

2022年9月27日
アンドレアス・ザイドル 「F1でポルシェとアウディが戦えば刺激的」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、ポルシェがアウディに続いてF1に参戦して、フォルクスワーゲン・グループ内でのエキサイティングな争いが実現することを期待している。

今年初めに計画が発表されたとき、シュトゥットガルトを拠点とするポルシェの方がF1グリッドに参加する可能性が高く、アウディはF1エントリーに関してより慎重だと考えられていた。

ヨースト・カピート、わずか4か月のマクラーレンF1代表時代を語る

2022年9月25日
ヨースト・カピート、わずか4か月のマクラーレンF1代表時代を語る
ヨースト・カピートは、マクラーレンF1チームを担当していた短いスティントがなければ、今のように仕事をうまくこなすことはできなかったと考えている。

ヨースト・カピートの30年間のキャリアの1つが2016 年のマクラーレンF1チームだったが、チームの指揮を執ったのはわずか4か月と短命に終わった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム