ヨースト・カピート、わずか4か月のマクラーレンF1代表時代を語る
ヨースト・カピートは、マクラーレンF1チームを担当していた短いスティントがなければ、今のように仕事をうまくこなすことはできなかったと考えている。

ヨースト・カピートの30年間のキャリアの1つが2016 年のマクラーレンF1チームだったが、チームの指揮を執ったのはわずか4か月と短命に終わった。

当時58歳だったヨースト・カピートは、当時の会長ロン・デニスによってチームのCEOとして採用された。だが、ロン・デニスが追放された後、ヨースト・カピートはすぐに彼の後を追った。現在はザク・ブラウンがその役職に就いている。

ヨースト・カピートがF1に戻るのに4年かかった。ウィリアムズF1のチームプリンシパルに就任し、現在務めているCEOの役職に就いた。

ヨースト・カピートはマクラーレンF1チームでの短い任務を振り返り、その短い期間にもかかわらず、それが今日の自分を形成するのに役立ったと信じている。

「マクラーレンでうまくいかなかったとは言わない」とヨースト・カピートはHigh Performance Podcastに語った。

「ロンと会ってかなり長い交渉をした。我々はより親密になり、彼から多くのことを学んだと思う」

「彼がマクラーレンを経営していたことは知っていたが、非常に長い間彼を尊敬していた。彼の功績は本当に素晴らしいものだった」

「彼は、チームを率いるために私を選んだと言ってくれた。それは私にとって大きな名誉であり、我々は長い議論をした。 一緒に働いたのは数ヶ月であったが、私はそれを逃したくなかった。それがなければ、今の仕事でこれほど良い仕事をすることはできなかったと思う」

ヨースト・ヨースト・カピートは、ロン・デニスから学んだ最大の教訓の1つは規律だと語るが、以前のタスクマスターほど厳格ではないことを認めた。

「我々は常に同じ意見を持っていたわけではない」とヨースト・カピートは語った。

「しかし、適切な議論をして、彼がどういった背景を持っているか確認することができた。彼は非常に極端だったし、私が彼から学んだことはまさに規律だ」

「彼からやってはいけないことも学んだ。たとえば、エンジニアリング オフィスでは、床を傷つける可能性があるため、コーヒーを飲むことは許可されていなかった」

「今日それをしているか? そうだね、気をつけている。我々はもう少し自由にそれをすることができる」

「私は、ロンがどのように会社を設立したか、どのように会社を運営したか、規律、人々へのアプローチ方法、そして、我々がどのように人々をやる気にさせるかについて、非常に感銘を受けた。それは非常に印象的だった」

ウィリアムズ・レーシングが今シーズン以降にニコラス・ラティフィの契約を延長しないことを確認した後、ヨースト・カピートの最も差し迫った仕事の1つは、2023年シーズンのドライバーを見つけることだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / マクラーレン