オスカー・ピアストリ 「F1はある意味でゼロからの再出発」
オスカー・ピアストリは、2023年のF1デビューはこれまでのモーターレースのキャリアを完全にリセットするものだと説明する。

フェルナンド・アロンソの退団後、オスカー・ピアストリはアルピーヌF1チーム内で昇進する準備ができているように見えたが、舞台裏でマクラーレンとの契約を結んでいたピアストリは、2023年の契約をめぐった厄介な議論を勃発させた。

これは、契約承認委員会を介してマクラーレンに有利に解決された。一方、マクラーレンは、ダニエル・リカルドと早期契約に同意することで、オスカー・ピアストリの到着への道を切り開いていた。

「明らかにCRBのヒアリングでかなりストレスフルな時間だった」とオスカー・ピアストリはオーストラリアGPのIn the Fast Laneポッドキャストの最新エピソードで語った。

「F1はずっと前にレースを始めてから僕が取り組んできたことだ.11~12年前だったと思う」

「だから、まず第一に自分の将来がどうなるかをようやく知ることができたこと、そして第二に、それがF1だというおとは、安堵であり、とても幸せな瞬間だった」

F1に焦点を合わせたオスカー・ピアストリの台頭は急速であり、フォーミュラ・ルノー、F3、F2で連続して成功を収めた。それはルイス・ハミルトンなどをしのぐジュニアの記録であり、スポーツが長年見てきた中で最もエキサイティングな若者の一人として彼を切り開いた。

しかし、オスカー・ピアストリは今ではすべてが無意味であり、F1への道は旅の一部に過ぎなかったと考えている。

「それは基本的に、本当の旅の始まりだ」とオスカー・ピアストリは語った。

「プロになることが私が達成したかった主要な部分だ。最初にスタートしたとき、僕はあらゆる種類のモータースポーツのプロになりたいと思っていた。でも、F1でそれができるようになること以上に良い仕事を見つけるのはかなり難しいと思う」

「とても興奮しており、将来を非常に楽しみにしている。ずっとこれを自分の仕事にしたいと思っていたからね」

ジュニア時代の成功について「少し2つの見方ができると思う」とオスカー・ピアストリは付け加えた。

「まず、これまでの成功がF1でのチャンスにつながったと思うし、それは一つの見方だと思う」

「でも、同時に、F1でレースを始めると、それまでに達成したことはすぐに忘れられてしまう」

「F1に入ると、以前に達成できたことよりも、F1でどれだけうまくやれるかが重要になる」

「だから、こういったチャンピオンシップを獲得して、最終的にF1でレースをする機会を与えてくれたことに満足している」

「これはまさに新しい旅の始まりであり、ある意味でゼロからの再出発だ」

「でも、ジュニアカテゴリーやジュニアカテゴリーでのチャンピオンシップから自信を得ることはできると思う。自信を持って振り返ってそれらを活かし、ここにいるに値すると感じられることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン