マクラーレンF1加入のオスカー・ピアストリ 「リカルドから連絡があった」
マクラーレンの次期F1ドライバーであるオスカー・ピアストリは、同じオーストラリア人で、結果的にシートを奪うことになったダニエル・リカルドから連絡を取り、不快な感情はないと伝えられたことを明らかにした。

アルピーヌとマクラーレンが2023年にドライブすると発表した後、オスカー・ピアストリは綱引きに巻き込まれた。ジュニアフォーミュラを通じて21歳のピアストリを育ててきたアルピーヌは、来年ウィリアムズに彼を配置することを望んでいたが、フェルナンド・アロンソの突然の退団を受けて、ピアストリのエステバン・オコンのチームメイトとしてすぐに発表した。

一方、マクラーレンは成績不振のダニエル・リカルドの後任としてピアストリと契約を結んでいた。この問題は法廷にまで持ち込まれ、マクラーレンが勝訴した。

この動きのなかで、ダニエル・リカルドはマクラーレンとの契約を1年早くに解消することなった。8回のレースウィナーであるリカルドはまだシートを見つけていない。しかし、リカルドはピアストリに怒りを向けることはなく、自ら後輩に連絡して話をした。

「ダニエルが連絡をくれたのは本当に素晴らしいことだった」とオスカー・ピアストリはIn the Fast Lane ポッドキャストに語った.

「自分から連絡するつもりだったけど、タイミング的に彼はレースに出場していたし、率直に言って、僕から連絡がほしいかどうかはわからなかった。僕は何を言おうか考えていたけど、どうすればいいか分からなかった」

「ダニエルは真のプロフェッショナルだ。彼に対する僕の敬意はすでに非常に高く、彼の対応の仕方でさらに高くなった」

オスカー・ピアストリは、パドックやF1ファンの間で広く好かれているドライバーであるダニエル・リカルドが手を差し伸べ、つらい思いをしていないことを明らかにしてくれたという事実が、彼にとって物事を楽にしたと語った。

「彼がそのように連絡をくれたのは個人的には素晴らしかった」とオスカー・ピアストリは付け加えた。

「つらい気持ちがないことを知っていることは、本当に僕を大いに助けてくれた。それは素晴らしい瞬間だった」

「彼がコース上で収めた成功、コース外のキャラクターをエミュレートすることに近づければ、僕は合理的な仕事をしているということになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン / ダニエル・リカルド