マクラーレン 「2023年F1マシンでは今季と同じ過ちは繰り返せない」
マクラーレンは、2023年F1マシンでは、今シーズンのように追いつくための努力を繰り返すわけにはいかないため「大きな一歩」が必要だと語る。

マクラーレンは、最後のプレシーズンテストをブレーキの問題に見舞われて終了し、シーズン開幕戦のバーレーンGPではほぼテールエンドに位置し、2022年の大部分を通して開発作業で後手に回った。

なんとかリカバリーを果たしたマクラーレンだが、問題を解決するために他の重要なパフォーマンスエリアのためのリソースを回すことになったとし、主要なライバルであるアルピーヌに大きく負けないようにより多くの努力をしなければならなかった。

現在、F1チームは2023年F1マシンに焦点を合わせ始めており、マクラーレンは来シーズンも同じ状況に陥ることはできないことを認識している。したがって、シーズンのスタートに向けてより強力なプラットフォームを確保する必要がある。

2023年のF1テクニカルレギュレーションはフロアの変更以外はかなり安定しているが、マクラーレンは他チームよりも大幅な調整が必要になる可能性があると認める。

現在のMCL36のコンセプトが引き継がれるのか、それともより急進的なステップを模索するのかと質問されたマクラーレンのチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「ミックスだと思う」と語った。

「テクニカルレギュレーションもほぼ同じままなので、完全な革命ではないことは明らかだ」

「しかし同時に、前のチームが1秒以上速く走っていることを認めれば、我々が開発の面で大きなステップを目指していることも明らかだ」

マクラーレンのテクニカル ディレクターであるジェームス・キーも、遅れているときに攻撃しようとするとリソースを消費してしまうため、F1で成功したシーズンを楽しむためには、良い車で 1年を始めることが不可欠であることに疑いの余地はないと語る。

「上位3チームで目にいている基準は、我々が何を達成しなければならないことを示していると思う」とジェームス・キーはマクラーレンのアップグレードの哲学を振り返った。

「競争力のあるマシンでシーズンをスタートした場合、そこから開発計画を適応させて、我々が行ったことよりも少なくて済むし、最も多産になると思われるエリアにより集中することができる」

「それが我々が来年に目指していることだ。フル稼働しているので、このアグレッシブなレベルの開発を維持することはできないだろう。我々は今年から多くのことを学ぶことができ、チームは彼らが持っているものを達成するために素晴らしい仕事をした」

マクラーレンは、2023年に向けた大きなステップに集中しているが、年末までに2022年マシンにさらに改良を加えることを計画している。

「我々が行ったアップデートのパッケージは、実際に積極的なアプローチだった」とジェームス・キーは語る。

「各開発ステップに対して、我々はそれらに多くの作業を行ったし、それらを5~6レースの期間にわたって持続した。それぞれその後、パッケージは計画どおりに機能し、各ステップで 0.1秒のパフォーマンスが得られたので、満足している」

「我々は別の新しいパッケージを用意しており、現在取り組んでおり、残りのレースではマイナーなものがいくつか続くだろう。我々はトラックに多くのものをもたらし、そこから望んでいたものを手に入れたと言える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン