マクラーレンF1、シンガポールGPと日本GPで斬新なカラーリング
マクラーレンは、F1シンガポールGPとF1日本GPの2連戦で印象的なカラーリングのデザインを公開した。

マクラーレンは、2017年から通常のパパイヤカラーを使用することを選択して以降、レーストラックで注目を集めている。昨シーズンは、2つの特別カラーリングでレースを行った。特にモナコGPではアイコニックな淡いブルーのガルフカラーが好評を博し、アブダビではパートナーのヴュセのマルチカラー ストライプが使用された。

今年のF1シンガポールGPとF1シンガポールGPで、マクラーレンは、主要パートナーの暗号交換会社OKXと協力する。

“フューチャーモード”という名前を冠したカラーリングは「ネオンピンクの装飾とダイナミックでサイバーパンクにインスパイアされたエンジンのイラスト」を表現している。

このMCL36が、マリーナ・ベイと鈴鹿サーキットで目立つことは間違いない。

マクラーレン・レーシングの CEO であるザク・ブラウンは「アジアで開催される今後のレースのために、この大胆で活気に満ちたカラーリングを通じて、OKX とのパートナーシップを祝うことができて興奮している」とコメント。

「マクラーレンと OKX は団結して前進し、常に限界を打ち破ろうと努力している。Future Mode キャンペーンは、グローバルステージでこれらの価値観を一緒に擁護する機会だ」

「シンガポールと日本でレースを再開できることは素晴らしいことだ。これらの素晴らしいサーキットは、パートナーシップのビジョンを一緒に祝うのにふさわしい背景を提供してくれるだろう」

OKX のチームマーケティングオフィサーを務めるハイダー・ラフィークは「我々とマクラーレンがアジア向けのカラーリングを共同でデザインすることは、信じられないほど楽しかっただ」とコメント。

「この新しいカラーリングは、大胆な新技術の到来を告げるものであり、それはOKX のすべてだ。私たちが作成したサイバーパンク デザインは、大衆文化に対する Web3 の影響を称賛し、このエキサイティングなパートナーシップを競馬場にもたらす」

「シンガポールのナイト レースでデビューしたこの未来志向のデザインは、OKX の24 時間 365 日 の性質と眠らない暗号通貨市場を反映している。経済的機会の境界を押し広げることに関しては、まだ終わりにはほど遠いので、ファンが OKX とマクラーレンが用意しているものを体験するのが待ちきれない」

マクラーレンマクラーレン F1 シンガポールグランプリマラーレン F1 日本グランプリ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1シンガポールGP / F1日本GP