ジェンソン・バトン、ル・マンのガレージ56枠に次世代NASCAR車両で出場

2023年1月29日
元F1王者ジェンソン・バトン、ル・マンのガレージ56枠に次世代NASCAR車両で出場
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンとNASCARカップタイトルを7回獲得のジミー・ジョンソンは、2023年のル・マン24時間レースに次世代のNASCAR車両となるシボレー・カマロZL1で出場する3人のドライバーの一人となる。

ヘンドリック・モータースポーツが運営するこのプロジェクトは、ル・マン24時間レースとWEC(FIA世界耐久選手権の主催者)であるオートモビル・クラブ・ドゥ・ル・エスト(ACO)が革新的なエントリーのために用意している「ガレージ56」枠を通じて推進され、公式招待状を待っているところである。

アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野

2023年1月23日
アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野
アンドレッティのレーシング組織は、F1だけでなく、ル・マン24時間レースやWEC(FIA世界耐久選手権)など事業をさらに拡大することを目指しいてる。

キャデラックと組んでF1へのエントリーを提出する意向を公に発表したアンドレッティは、ウェイン・テイラー・レーシングと提携して、米国でIMSAスポーツカー選手権に参戦している。

ロマン・グロージャン、フェルスタッペンのバーチャル・ル・マン批判に反論

2023年1月17日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、フェルスタッペンのバーチャル・ル・マン批判に反論
元F1ドライバーのロマン・グロージャンが、技術的な問題によって損なわれたバーチャル・ル・マン24時間イベントに対するマックス・フェルスタッペンの批判に反論した。

オンラインレースは先週末に開催され、マックス・フェルスタッペンとTeam Redlineが参加した。しかし、セキュリティ侵害が原因とされる技術的な問題により、レースは2度の赤旗中断を余儀なくされた。

バーチャル・ル・マン24時間レースでサーバーにセキュリティ侵害の疑い

2023年1月15日
バーチャル・ル・マン24時間レースでサーバーにセキュリティ侵害の疑い
マックス・フェルスタッペンが優勝を目指しているバーチャル・ル・マン24時間レースは、サーバーの問題によって赤旗中断となった。

2020年に初めて開催された歴史的なイベントのシミュレーション版は、マックス・フェルスタッペンがイベントでの初優勝を目指すなど、シム・レーシングの世界で誰もが参加を望むレースとなっている。

ジャック・ヴィルヌーヴ、元F1チームのヴァンウォールからWECに参戦

2023年1月12日
ジャック・ヴィルヌーヴ、元F1チームのヴァンウォールからWECに参戦
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴが、F1で初のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したヴァンウォールの名を冠したチームからFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することが発表された。

ヴァンウォールは、元F1チーム代表であるコリン・コレスがプロジェクトを監督し、新しいハイパーカークラスで非ハイブリッドの車両であるVanwall Vandervell 680を入らせる。

アントニオ・ジョビナッツィ、2023年にフェラーリからWECに参戦

2023年1月11日
アントニオ・ジョビナッツィ、2023年にフェラーリからWECに参戦 フェラーリF1のリザーブドライバーも継続
フェラーリは、2023年のFIA 世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスに2台の499Pで参戦するドライバーラインナップを発表。元F1ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィが参戦が発表された。また、ジョビナッツィはスクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーも継続する。

フェラーリは、イモラのフィナーリ モンディアーリで2023年に2台のハイパーカー『499P』でWEC参戦するドライバーラインナップを発表。

マックス・フェルスタッペン、F1引退後のル・マン24時間レース挑戦を視野

2022年12月13日
マックス・フェルスタッペン、F1引退後のル・マン24時間レース挑戦を視野
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングとの現在契約を終了する2028年に31歳の若さでF1から引退する可能性があることを示唆している。

2年連続のドライバーズワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、元ル・マン ウィナーのフェルナンド・アロンソのように、将来的に耐久スポーツカーレースで最高の賞を獲得することも視野に入れていることを認めている。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンと組んでル・マンに出場したい」

2022年11月7日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンと組んでル・マンに出場したい」
フェルナンド・アロンソは、現在のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンと組んで再びル・マン24時間レースに出場したいという願望を明らかンした。

フェルナンド・アロンソは、2006年のF1モナコGPで優勝したあと、モータースポーツの“トリプルクラウン”に挑戦した経験がある。2018年に F1 からの引退を発表した後、アロンソはトヨタとともに2年連続で2回ル・マン24時間レースを制している。

アウディ、F1参戦で開発中止のLMDh車両は「テストの準備ができていた」

2022年11月3日
アウディ、F1参戦で開発中止のLMDh車両は「テストの準備ができていた」
アウディは、F1参戦によってLMDhプロジェクトを中止するという決定が下されたときに車両は「テストをする準備ができていた」と同プロジェクトに関わった主要な人々が明らかにした。

アウディは、2020年末に新しい費用対効果の高いLMDhフォーミュラにサインアップし、2023年にFIA 世界耐久選手権(WEC)とIMSAスポーツカー選手権の両方に出場する予定だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム