【速報】 小林可夢偉のトヨタ7号車が悲願のル・マン24時間レース初制覇!

2021年8月22日
【速報】 小林可夢偉のトヨタ7号車が悲願のル・マン24時間レース初制覇!
2021年 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となる第89回ル・マン24時間レースの決勝レースが行われ、トヨタのGR010 HYBRID 7号車が優勝を果たした。

これまでトヨタは8号車がル・マン24時間レースを3連覇してきたが、7号車の小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペスにとっては悲願のル・マン初制覇。記念すべきハイパーカーでの初優勝を飾った。

ル・マン24時間(途中経過):大波乱のスタートもトヨタが1-2を走行

2021年8月22日
ル・マン24時間(途中経過):大波乱のスタートもトヨタが1-2を走行 / 6時間経過
8月21日(土)、現地時間午後4時に、FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦、第89回ル・マン24時間レースの決勝がスタートした。雨の中、ウェットコンディションでのスタートは、直後に2番手スタートのGR010 HYBRID 8号車が他車との接触を喫し一旦は最後尾まで後退する大波乱の幕開けとなった。しかし、8号車は、すぐに追い上げ、6時間を経過した時点で、トヨタのGR010 HYBRIDは7号車が首位、8号車が1分27秒148遅れの2位で1-2体制を保ち走行、夜間セッションに入った。

ル・マン24時間レース 2021:Twitchライブ配信

2021年8月21日
ル・マン24時間レース 2021:Twitchライブ配信
2021年のル・マン24時間レースの決勝レースが8月21日(土)にスタートが切られた。

8月19日(木)には第89回ル・マン24時間レースの決勝スターティンググリッドを決定する「ハイパーポール」が行われ、トヨタのGR010 HYBRID 7号車がポールポジションを獲得。トヨタは5年連続のポールポジション。新型ハイパーカー GR010 HYBRIDは新たなハイパーカー時代初となるレースで歴史にその名を刻んだ。

【動画】 フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間レースでF1デモ走行

2021年8月21日
【動画】 フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間レースでF1デモ走行
フェルナンド・アロンソは、2021年 ル・マン24時間レースの決勝に先立ち、アルピーヌF1チームのF1マシンでデモ走行を実施し、歴史を築いた。

F1は、1967年のF1フランスGPで短いブガッティサーキットを使用したことがあるが、F1マシンがル・マン24時間レースの舞台となる8.5マイルのサルト・サーキットのフルトラックを走るのは現代では初めてとなる。

ケビン・マグヌッセン 「F1と耐久レースではメンタリティがかなり異なる」

2021年8月21日
ケビン・マグヌッセン 「F1と耐久レースではメンタリティがかなり異なる」 / ル・マン24時間レース
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンは、ル・マン24時間レースのデビュー戦に先立ち、“メンタリティ”の点で耐久レースとF1に存在する明確な違いを強調した。

F1での6シーズンの後、ケビン・マグヌッセンは2021年に米国に戦いの場を移し、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権のチップ・ガナッシで彼のスキルをスポーツカーレースに応用している。

2021年 ル・マン24時間レース:17名の“元F1ドライバー”が参戦

2021年8月21日
2021年 ル・マン24時間レース:17名の“元F1ドライバー”が参戦
今週末に開催される第89回 ル・マン24時間レースでは、17名の“元F1ドライバー”が勝利を目指して戦う。

元ザウバーとケータハムのF1ドライバーである小林可夢偉は、過去5年間でサルト・サーキットで4回目となるポールポジションを獲得。トヨタのGR010 HYBRID 7号車を象徴的なレースのグリッドの先頭に並べた。

小林可夢偉がハイパーカーでの新世代最初のポールポジション獲得

2021年8月20日
小林可夢偉がハイパーカーでの新世代最初のポールポジション獲得 / ル・マン24時間 ハイパーポール
トヨタ 5年連続ポールポジション獲得、GR010 HYBRID 2台並び最前列スタート
8月19日(木)FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となる第89回ル・マン24時間レースの決勝スターティンググリッドを決定する「ハイパーポール」が行われ、トヨタのGR010 HYBRID 7号車がポールポジションを獲得。新型ハイパーカー GR010 HYBRIDは新たなハイパーカー時代初となるレースで、歴史にその名を刻むこととなった。

ロバート・クビサ 「F1とル・マン24時間レースはまったく異なる世界」

2021年8月20日
ロバート・クビサ 「F1とル・マン24時間レースはまったく異なる世界」
ロバート・クビサは、F1レースとル・マン24時間レースを比較することは、陸上の短距離走のアスリートとマラソンのランナーを比較するようなものだと語る。今週末、ロバート・クビサは、ベルギーのチームWRTからル・マン24時間レースでデビューを果たす。

BMWザウバー、ルノー、ウィリアムズでF1で97戦を戦ったロバート・クビサは、F1でのフルタイムの役割を退き、代わりにスポーツカーレースに移行した。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとル・マン24時間で組みたい」

2021年8月19日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとル・マン24時間で組みたい」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、将来的にマックス・フェルスタッペンと組んでル・マン24時間レースに参戦するというアイデアを語った。

フェルナンド・アロンソは、F1を離れていた2年間にトヨタとFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦し、ル・マン24時間レースを2回制している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム