フェルナンド・アロンソ 「今日の結果は運が大きく影響した」

2019年6月17日
F1 フェルナンド・アロンソ ル・マン24時間レース
フェルナンド・アロンソは、2度目のル・マン24時間レースを達成したが、勝利できるとはまったく予測していなかったと語る。

今年のル・マン24時間レースは、トヨタの2台が終始レースをリード。しかし、終盤に入ると7号車が8号車とのギャップを広げていた。だが、誰も7号車の初優勝を確信した残り1時間、タイヤのパンクとマシンへの異常によってスローダウン。8号車がトップに浮上して優勝することになった。

中嶋一貴、ル・マン2連覇も複雑な涙 「7号車のレースだった…」

2019年6月16日
F1 中嶋一貴 ル・マン24時間レース
2年連続でトップでル・マン24時間レースのチェッカーを受けた中嶋一貴だったが、その目には喜びとは異なる複雑な涙が浮かんでいた。

今年のレースでは大部分でトヨタの7号車がリード。しかし、残り1時間のところで7号車のタイヤが2度もパンクするというトラブルが発生。2分以上のリードを失い、中嶋一貴がドライブする8号車がトップに躍り出た。

【速報】 ル・マン24時間レース 結果:トヨタ8号車が優勝!7号車が2位

2019年6月16日
ル・マン24時間レース
2019年のル・マン24時間レースが6月15日・16日に行われ、トヨタ TS050 HYBRID 8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が2位に続き、トヨタが1-2フィニッシュでFIA 世界耐久選手権(WEC) 2018-2019年スーパーシーズンを締めくくった。

ほぼノートラブルで1-2体制で走行していたトヨタだったが、残り1時間のところでトラブルが発生。

2019年 ル・マン24時間レース | 無料Webライブ配信

2019年6月16日
ル・マン24時間レース
2019年のル・マン24時間レースの決勝レースが6月15日(土)にスタートが切られた。

FIA 世界耐久選手権(WEC) 2018-2019年スーパーシーズン 第8戦 ル・マン24時間レースがいよいよスタート。悲願のル・マン24時間レース初制覇から1年。今年もトヨタが最前列からスタート。ポールポジションは7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)。2番グリッドには号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)が並んだ。

ル・マン24時間 | トヨタ7号車に2連続パンクで8号車が首位 / 残り1時間

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースのチェッカーまで1時間となったところでトップを走行していたトヨタ7号車に立て続けにパンクが発生。首位の座を8号車に明け渡すことになった。

8号車に2分程度のキャップを築いてトップを走行していたホセ・マリア・ロペスがドライブする7号車だが、トップ走行中にスローパンクチャーに見舞われて緊急ピットイン。右フロントタイヤを交換してコースに復帰したが、すぐに再びパンク。

最終スティントを終えた小林可夢偉 「勝つときの24時間は長い」

2019年6月16日
小林可夢偉 トヨタ ル・マン24時間レース
トヨタ7号車をドライブした小林可夢偉が、2019年のル・マン24時間レースの最後の担当スティントを終了。あとは勝利を見守るだけとなり、“勝つときの24時間は長い”と語った。

トップを走行した小林可夢偉は、最後の走行を担当するホセ・マリア・ロペスにバトンタッチ。だが、本来ならもう少し走る予定だったと明かした。

ル・マン24時間 | トヨタ、チーム一丸でル・マン連覇へ挑む / 残り3時間

2019年6月16日
ル・マン24時間 トヨタ 順位/結果
ル・マン24時間レースは日曜日の正午を迎え、レースは残り3時間となった。ここまでほぼノートラブルのTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車が快調なペースで首位を走り、2位で追う8号車との差を2分以上に広げている。

首位を行く7号車は、スタートから19時間40分ほどが過ぎたところで、マイク・コンウェイから小林可夢偉へとドライバーチェンジ。小林はじりじりと後続との差を広げ、交代時に1分半ほどだった2位8号車との差を2分以上に広げた。

ル・マン24時間 | 残り4時間、トヨタ7号車が約3分のリード / 20時間経過

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースは20時間を経過。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは7号車を先頭に1-2体制で着実に周回を重ねている。

7号車は小林可夢偉、8号車はフェルナンド・アロンソが走行を担当。2台は徐々に差が開いており、7号車が3分14秒の差をつけて首位を走行している。

ル・マン24時間 | トヨタ、1-2体制のまま6時間先のチェッカーを目指す

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
夜の闇の中での戦いは終わりを告げ、サーキットは朝を迎えた。レースは18時間、全体の4分の3を経過した。これまでに出走した61台中11台がリタイアする中、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは大きなトラブルに見舞われることなく、1-2体制を維持して走行中。2台が勝利を争いながら、最後の6時間に臨む。

首位を行くTS050 HYBRID 7号車は小林可夢偉からホセ・マリア・ロペス、そして3度目のドライブとなるマイク・コンウェイへとバトンを渡しながら着実に周回を重ねている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム