ル・マン24時間 | 残り4時間、トヨタ7号車が約3分のリード / 20時間経過

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースは20時間を経過。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは7号車を先頭に1-2体制で着実に周回を重ねている。

7号車は小林可夢偉、8号車はフェルナンド・アロンソが走行を担当。2台は徐々に差が開いており、7号車が3分14秒の差をつけて首位を走行している。

ル・マン24時間 | トヨタ、1-2体制のまま6時間先のチェッカーを目指す

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
夜の闇の中での戦いは終わりを告げ、サーキットは朝を迎えた。レースは18時間、全体の4分の3を経過した。これまでに出走した61台中11台がリタイアする中、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは大きなトラブルに見舞われることなく、1-2体制を維持して走行中。2台が勝利を争いながら、最後の6時間に臨む。

首位を行くTS050 HYBRID 7号車は小林可夢偉からホセ・マリア・ロペス、そして3度目のドライブとなるマイク・コンウェイへとバトンを渡しながら着実に周回を重ねている。

ル・マン24時間 | トヨタの2台が秒差の首位争いのままレース折り返し

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースは午前3時を迎え、12時間を経過。長いレースはようやく折り返しを過ぎた。疲労や眠気と戦いながらの夜間走行で、コースアウトやクラッシュも頻発する中、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは僅差の1-2体制で着実に周回を重ねている。

アクシデントによるセーフティカー導入で2台の差は一時1分以上に広がったものの、その後のセーフティカーでマージンが帳消しとなり、レース折り返しの12時間経過時点では、その差は僅か9秒ほど。

ル・マン24時間 | トヨタの2台による首位争いは夜間も続く / 9時間経過

2019年6月16日
ル・マン24時間 トヨタ
スタートから9時間が経過。日の長いル・マンも午後10時を過ぎると完全に日が落ち、レースはついに夜間走行へと突入。時刻は0時を過ぎ、日付は16日(日)に変わった。

TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは大きなトラブルに見舞われることなく周回を重ね、しだいに3位以下を引き離していく一方で、トップ2台はセーフティカー導入によって更に接近。互いに順位を入れ替えながらの首位争いを繰り広げている。

ル・マン24時間 | トヨタの2台の差が縮まり首位争いが白熱 / 6時間経過

2019年6月16日
ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースはスタートから6時間を経過。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは3位以降との差を拡大。一方で、アクシデントなどによりセーフティカーが導入された影響で2台の差は20秒ほどにまで縮まり、首位争いが激しさを増している。

ル・マン24時間レースはスタートから6時間を経過し、全体の4分の1を終えた。現地は午後9時を迎えたが、夏至に近いこの時期、日の長いル・マンでは、曇り空ながらまだ明るい中でのレースが続いている。

ル・マン24時間 | トヨタ7号車が首位、8号車が2位を堅守 / 3時間経過順位

2019年6月16日
ル・マン24時間レース
伝統のル・マン24時間レースのスタートが切られ、3時間が経過した。連覇を狙い、最前列に並んでスタートを切ったTOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは、7号車が首位、8号車が2位とスタートポジションをキープ。3時間経過時点で2位の8号車が3位の車両に1分6秒差をつけている。

6月15日(土)午後3時、第87回ル・マン24時間レースのスタートが切られた。

2019年 ル・マン24時間レース:テレビ放送&ライブ配信スケジュール

2019年6月15日
ル・マン24時間レース
FIA 世界耐久選手権(WEC)の2018-2019スーパーシーズンの最終戦 ル・マン24時間レースの決勝レースが6月15日(土)から16日(日)に行われる。

2018年もル・マン24時間レースはJ SPORTが放送。CSテレビ放送とJ SPORTSオンデマンドではスタートからゴールまでをまるごとライブ配信する。またオンデマンドでは公式練習、予選、ウォームアップ走行の模様も配信する。

アストンマーティン、ヴァルキリーでル・マン24時間レースに参戦

2019年6月15日
アストンマーティン・ヴァルキリー
アストンマーティンは、2021年のル・マン24時間レースにレッドブルのエイドリアン・ニューウェイがデザインしたハイパーカー『ヴァルキリー』に投入することを発表した。

6月14日(金)午前中、ACO(フランス西部自動車クラブ)はマニュファクチャラーなど諸関係者と共に協議を重ね、2020年秋に始まる2020-2021年シーズンからWECに導入される新世代の耐久レース用車両で争われる最終確定した新技術レギュレーションを発表した。

トヨタ、3年連続でル・マン24時間レースを最前列グリッドからスタート

2019年6月14日
トヨタ ル・マン24時間レース
FIA 世界耐久選手権(WEC) 2018-2019年スーパーシーズン 第8戦 ル・マン24時間レースの予選2回目、3回目が6月13日(木)に行われ、TS050 HYBRID 7号車が小林可夢偉のアタックでポールポジションを獲得。中嶋一貴がアタックした8号車も2番手で続き、TOYOTA GAZOO Racingは一昨年、そして昨年の第2戦に続き、3年連続で最前列グリッドに並んでル・マン24時間レースのスタートを切ることとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム