ランド・ノリスの2022年05月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス、扁桃炎をおして8位「これまでで最も過酷なレース」

2022年5月23日
ランド・ノリス、扁桃炎をおして8位「これまでで最も過酷なレース」 / マクラーレン F1スペインGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの週末を通して扁桃炎の症例に対処することを余儀なくされ、これまでに行った中で「最も過酷なレースの1つ」になったと振り返る。

ランド・ノリスはトップ10外からグランプリをスタートしたが、レース中に前進し、8位でラインを越えた。だが、ノリスはレースウィークエンド中ずっと体調が悪く、週末ずっと蒸し暑かったバルセロナのコンディションも助けになられなかった。

ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」

2022年5月22日
ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」 / マクラーレン F1スペインGP 予選
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を11番手で終えた。

予選Q2の2回目のアタックでトップ10入りを果たしたかのように見えたランド・ノリスだったが、かなり際どいトラックリミット違反の判定でベストタイムが抹消され、11番手で予選を終えることになった。

ランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」

2022年5月13日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの41周目にランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こして最終的にリタイア。両者は異なる見解を示しており、ノリスは、フェルナンド・アロンソとの接触で損傷した車で防御したガスリーとのこの事件を“愚か”と呼んだ。

ランド・ノリスは、ターン7でコース外を走行して勢いを失っていたピエール・ガスリーに接近。ターン8のアウトサイドからガスリーを追い抜こうとした。

ランド・ノリス 「レーシングラインを外せばゲームオーバー」

2022年5月8日
ランド・ノリス 「レーシングラインを外せばゲームオーバー」 / F1マイアミGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームではレーシングラインを外れれば“ゲームオーバー”だと語る。

金曜日に2022年F1第5戦F1マイアミGPのフリー走行が行われ、F1マシンは初めて新しいマイアミのストリートサーキットを走行した。2回のセッションでは、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)がバリアにクラッシュし、数名のドライバーがスピンを喫した。

ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット

2022年5月6日
ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット / マクラーレン F1 マイアミGP
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、今週末のマイアミGPでバスケットボールをモチーフとしたスペシャルヘルメットを公開した。

ランド・ノリスは、ヘルメットのデザインを頻繁に変更するドライバーの一人であり、初開催のマイアミGPにむけてユニークなデザインのヘルメットを用意した。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとルクレールと同格なのはノリスだけ」

2022年5月3日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとルクレールと同格なのはノリスだけ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、現在、F1でマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールと同格の“唯一のドライバー”としてマクラーレンのランド・ノリスの名前を挙げた。

現役ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンと2022年に初のF1ワールドチャンピオン獲得に挑戦しているシャルル・ルクレール(フェラーリ)の2人は、新しいF1レギュレーション時代のスタートで明らかに支配的な勢力となっている。

ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」

2022年5月1日
ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今シーズンの困難なスタートからの立て直しに成功し、今では“快適に3番手”の最速チームであると考えている。

バーレーンテストでブレーキの冷却問題に見舞われたマクラーレンは、開幕2戦ではバックマーカーに位置に転落し、熱心なマクラーレンのファンでさえ、劇的なラーンアラウンドを想像するのに苦労した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム