ランド・ノリス 「レーシングラインを外せばゲームオーバー」 / F1マイアミGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームではレーシングラインを外れれば“ゲームオーバー”だと語る。

金曜日に2022年F1第5戦F1マイアミGPのフリー走行が行われ、F1マシンは初めて新しいマイアミのストリートサーキットを走行した。2回のセッションでは、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)がバリアにクラッシュし、数名のドライバーがスピンを喫した。

金曜日のアスファルトはまだ非常に新しく、F1ドライバーはプラクティスセッションを使ってゴムを敷き、よりグリップのある路面を作り上げていったが、レーシングラインを外れるとドライバーが戦えるようなグリップはほとんどないとランド・ノリスは語る。

「路面も非常にトリッキーだ。どこでもラインを外れれば、ほぼゲームオーバーだ。スピンしてウォールにぶつかる」とランド・ノリスは語った。

「罰せられてしまう。多くの人々がウォールに行き着くのを目にしたのはそれが理由だ」

「少し奇妙だ。オフラインに出ると、とにかく酷い。彼らがもう少し良くしてくれることを願っている。どうすればいいかは僕には分からないけどね」

「彼らがトラックを掃除すれば、それは助けになる。金曜日の朝にマーブルなどがたくさんあったし、オフラインになるとすぐにゲームオーバーにだった」

ランド・ノリスは、マイアミのバンピーな性質も驚きだったと認める。

「誰もが非常にスムーズで美しいサーキットを期待していたと思うけど、そうではない」とランド・ノリスは語った。

ランド・ノリスは2回目のプラクティスセッションを6位で終え、2022年にこれまで苦労してきたメルセデスF1はマクラーレンより上位だった。

「僕たちが望んでいる場所ではないし、メルセデスは僕たちのはるか先を行っている。彼らは同じPUなので僕たちの最も匹敵するチームだ」

「メルセデスは、おそらくシーズンを通して低速コーナーで最高の車の1台だ。GPSをよく見て、それをピックアップしている人が誰もいないだけだ」

「だから、決して驚きではない。さらに一生懸命に働き、彼らを再び追い抜きたいと思わせるだけだ」

「ポジティブに言えば、物事は正しい方向に進んでいた。僕たちはもう少し正しい方向に進む必要がある。最終的にどの位置にいるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1マイアミGP