マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

昨年、アンドレッティによるアルファロメオ/ザウバーの買収契約が実現していれば、コルトン・ハータはすでにF1でレースをしていた可能性があると多くの人が信じている。

6回のインディカーウィナーであるコルトン・ハータは、英国でF4 MSAフォーミュラで15歳のときにランド・ノリスと一緒にレースをしており、ヨーロッパのモータースポーツでの形成期に確立されたF1への愛を隠したことがない。

マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、当時のカーリンのチームメイトとしてコルトン・ハータと過ごしたシーズンをよく覚えており、ハータが優れていたトラック上の特定のエリアを振り返った。

「2014年から2015年の終わりのシングルシーターの最初のシーズンに僕はコルトンと一緒に育った」とランド・ノリスはMotorsportWeekに語った。

「彼の『ニックネームはフーリガン・ヘルタ』だった。彼が非常に強い場所が1つあり、それが高速コーナーだったからだ」

「自分がまともなように感じている。僕の強みの1つは高速なコーナーだ。でも、彼はある意味で別次元にいるようだった」

「彼はそれが原因で頻繁にコースオフしていたし、クラッシュはしなかったかもしれないけど、グラベルを通り抜けて、かなり汚れがひどかったので、後で彼の車を掃除しなければならなかった!」

「でも、もちろん、素敵な人だ。僕が若い時に彼と一緒に育ったし、良い1年半~2年だった。とにかく、少しクレイジーだった」

「彼に会えるのはうれしい。2014年、2015年に僕たちがいた場所から、今では僕がF1に参戦していて、もちろん、インディカーでレースに勝ち、スターの1人になっている」

将来のある時点で、2つのヤングガンがマクラーレンF1チームで再会する可能性があるという憶測が飛び交っている。

先週末、マイアミでマクラーレンF1チームに帯同したコルトン・ハータは、TPC(Testing of Previous Cars)テストプログラムの一環として、2021年型のマクラーレン『MCL35B』で走り、今年後半にF1マシンを初めて味わう予定となっている。

今年の競技規則では、F1チームはシーズン中に少なくとも2回のフリープラクティスで若手ドライバーを走らせることが義務付けられており、マクラーレンF1チームは、アロー・マクラーレンSPのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードとともにコルトン・ハータを金曜フリー走行に起用する可能性がある。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「才能があり、そのようなテストを受けるに値すると思われる若いドライバーをテストすることは素晴らしいことだ。コルトンは間違いなくその一人だ」と語った。

「彼がインディカーで生み出している結果はそれ自体を物語っている。今、我々は彼にそのテストの準備をしているところだ」

「F1カーに飛び込むことは、物理的な側面やこ車の速さなど、さまざまな理由から大きな課題だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ランド・ノリス