ランド・ノリス、扁桃炎をおして8位「これまでで最も過酷なレース」 / マクラーレン F1スペインGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの週末を通して扁桃炎の症例に対処することを余儀なくされ、これまでに行った中で「最も過酷なレースの1つ」になったと振り返る。

ランド・ノリスはトップ10外からグランプリをスタートしたが、レース中に前進し、8位でラインを越えた。だが、ノリスはレースウィークエンド中ずっと体調が悪く、週末ずっと蒸し暑かったバルセロナのコンディションも助けになられなかった。

ランド・ノリスは、病状がひどいため、エンジニアの報告会をスキップせざるを得なかったことを明らかにした。これは、予選とレースの準備が通常の基準からかけ離れていたことを意味する。

「今日は大変だった。扁桃炎に苦しんでいるので、レース前は本当に気分が悪く、高温と相まって、これまでで最も過酷なレースの1つになった」とランド・ノリスは語った。

「エネルギーのほとんどがこの病気と戦うために費やされたので、今週末少し後手に回っていた」

「多くのエンジニアリングセッションを欠場しなければならず週末は妥協を強いられたし、グランプリに向けて準備ができていなかったのは間違いない」

「それを念頭に置けば、チームにとってまともなポイントでレースから終えられたことを本当に嬉しく思う」

マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスが病気を乗り越えてチームにポイントを提供したことを称賛した。

「ランドは週末を通して気分が良くなかったが、戦い抜いてチームにいくつかのポイントをもたらす素晴らしいファイティングスピリットを示した」とアンドレアス・ザイオルは語った。

「彼が今後数日で迅速に回復することを願っている。数日以内にモナコで彼が元気になってくれることを願っている」

ランド・ノリス マクラーレン F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1スペインGP