レッドブルF1代表 「ホンダF1の復帰を知っていたらエンジン部門は作らなかった」

2023年5月27日
レッドブルF1代表 「ホンダF1の復帰を知っていたらエンジン部門は作らなかった」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ホンダがF1に復帰することが分かっていれば、チームが独自のエンジンプロジェクトを進めることは「絶対になかった」と認めた。

今週初め、ホンダはアストンマーティンのエンジンサプライヤーとして2026年にF1に復帰することを発表した。このニュースは、ホンダがF1からの撤退を発表してからわずか3年弱の出来事だ。

アロンソ 「ホンダF1の到着を待たずともアストンマーティンは王座に挑める」

2023年5月26日
アロンソ 「ホンダF1の到着を待たずともアストンマーティンは王座に挑める」
フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンがF1タイトルを争うために、2026年のワークスパートナーであるホンダの登場を待つ必要はないと考えている。

水曜日、ホンダはアストンマーティンF1チームのワークスパワーユニットパートナーとして、F1が新しいエンジンフォーミュラが導入される2026年にF1に再参入することを発表した。

角田裕毅、アストンマーティン・ホンダF1の候補も「僕はレッドブルの一員」

2023年5月26日
角田裕毅、アストンマーティン・ホンダF1の候補も「僕はレッドブルの一員」
角田裕毅は、アストンマーティン・ホンダへの移籍が噂されているにもかかわらず、2026年シーズンを考えるのは早すぎると述べている。

今週、ホンダは、F1への復帰を発表し、2026年シーズン以降、アストンマーティンと提携することを確認した。角田裕毅は、2016年からホンダのフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトに所属し、F1への階段を上る過程でホンダからサポートを受けてきた。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダがレッドブルF1を離れるのは残念」

2023年5月26日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダがレッドブルF1を離れるのは残念」
マックス・フェルスタッペンは、今週、ホンダが2026年以降にアストンマーティンと協力することが発表されたことを受け、レッドブルにとってホンダを失うことは「残念」だと認める。

レッドブルとホンダは、2021年にフェルスタッペンのドライバーズチャンピオンシップでメルセデスの支配に終止符を打ち、昨シーズンもそれに続いて両タイトルを獲得した。

フェルナンド・アロンソ 「ホンダとF1で再び仕事をするのは何も問題ない」

2023年5月26日
フェルナンド・アロンソ 「ホンダとF1で再び仕事をするのは何も問題ない」
フェルナンド・アロンソは、2026年以降のアストンマーティンとの契約を発表したホンダと再びF1で仕事をすることに「何の問題もない」と断言した。

ホンダは、新しいレギュレーションサイクルが適用される2026年にアストンマーティンにパワーユニットを供給することになる。

レッドブルF1首脳 「ホンダF1は2026年までレッドブルにコミットしている」

2023年5月25日
レッドブルF1首脳 「ホンダF1は2026年までレッドブルにコミットしている」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2025年末には確実に袂を分かつことになるが、レッドブルとホンダF1は今後もF1で協力し続けるとしている。

ホンダが2021年末にF1から撤退することを決めた後、レッドブルは独自のエンジン子会社であるレッドブル・パワートレインズの計画を開始した。

ホンダF1、2026年の次世代F1パワーユニットの開発に自信

2023年5月25日
ホンダF1、2026年の次世代F1パワーユニットの開発に自信
ホンダは、1年半の開発中断にもかかわらず、2026年にアストンマーティンのワークスパートナーとして本格的にF1復帰した際には、ライバルのF1パワーユニットメーカーに匹敵できると自信を持っている。

ホンダは2021年末のレッドブルとの契約終了をもって公式エンジンメーカーから撤退したが、HRCの名のもとにレッドブル・レーシングとアルファタウリ向けのエンジンの製造を続けていた。

アストンマーティンF1 「アロンソを2026年も起用できれば素晴らしい」

2023年5月25日
アストンマーティンF1 「アロンソを2026年も起用できれば素晴らしい」
アストンマーティンF1チームは、フェルナンド・アロンソが競争力を維持できるのであれば、2026年も引き続き新生アストンマーティン・ホンダのドライバーを務めることを望んでいるとパフォーマンス・テクノロジー部門のマーティン・ウィットマーシュCEOが語り、次期エンジンパートナーであるホンダは、過去の困難な関係にもかかわらず、アロンソが運転することに何の異論もないと述べている。

ホンダ、アストンマーティンF1の新ファクトリー訪問で契約を決心

2023年5月25日
ホンダ、アストンマーティンF1の新ファクトリー訪問で契約を決心
ホンダは、2026年のエンジン契約について、多くのF1チームから「素晴らしい」オファーを受けたが、アストンマーティンとの契約を決定づけたのは、どんな犠牲を払ってでも勝利するという姿勢だったと語る。

ホンダは5月24日(水)の朝、レッドブルとの提携が終了した後、2026年からアストンマーティンと独占的なワークス関係を結ぶことを発表した。
«Prev || ... 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム