ホンダF1の2021年11月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「メルセデスの不公平な行為についてFIAと議論」

2021年11月30日
レッドブルF1首脳 「メルセデスの不公平な行為についてFIAと議論」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1を支持する「不公平」の疑いの中で、レッドブルが今年初めにFIA(国際自動車連盟)と何度か話し合ったと明かした。

2021年シーズンにレッドブル・ホンダとメルセデスはコース内外で激しい戦いを繰り広げているが、ヘルムート・マルコは、メルセデスの「非常にスポーツマンらしくない」行動によってそれが前進したと感じている。

レッドブルF1代表 「チームとしてはメルセデスより優れている」

2021年11月30日
レッドブルF1代表 「チームとしてはメルセデスより優れている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンのレッドブル・ホンダF1はメルセデスよりも“全体的に”優れていることを示していると考えている。

22戦の2021年のF1世界選手権も残り2戦。レッドブル・ホンダF1は、コンストラクターズ選手権でメルセデスF1を5ポイント差で追い、ドライバーズ選手権ではマックス・フェルスタッペンが8ポイントリード。両方のタイトルを獲得するチャンスはまだある。

アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」

2021年11月29日
アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、大幅なレギュレーションが導入される2022年にピエール・ガスリーと角田裕毅を継続するという決断は正しい動きだと考えている。

2022年にF1マシンは根本的に変更され、アルファタウリ・ホンダF1は、現行ドライバーライナップを維持することで移行を支援するという決定をした。

レッドブルF1 「エイドリアン・ニューウェイはRB18の頭脳」

2021年11月29日
レッドブルF1 「エイドリアン・ニューウェイはRB18の頭脳」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、チームは幅広いエンジニアリングの才能に頼ることができるが、それでも最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイは、ミルトンキーンズのデザインオフィスの“不可欠”なコンポーネントであり続けていると語る。

レッドブル・ホンダは、ライバルのメルセデスとの激しいタイトル争いを繰り広げているが、メルセデスは早い段階からまったく新しい2022年F1マシンに完全に焦点を移行している。

マックス・フェルスタッペン 「いつか父とル・マン24時間に挑戦したい」

2021年11月29日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「いつか父とル・マン24時間に挑戦したい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、いつか父親のヨス・フェルスタッペンと一緒にル・マン24時間レースを戦いたいという気持ちが心の片隅にあると認める。

マックス・フェルスタッペンは、F1に100%コミットしており、特に今年はルイス・ハミルトンとのタイトル争いに完全に没頭しているが、過去にル・マン24時間レースに父親のヨス・フェルスタッペンを含んでラインナップで挑戦したいという願望があることを示唆していた。

レッドブルF1代表 「メルセデスの“異常”な直線スピードは封じられた」

2021年11月29日
レッドブルF1代表 「メルセデスの“異常”な直線スピードは封じられた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデス W12の“異常”な直線スピードが、カタールで封じられたと考えている。

メルセデスとレッドブル・ホンダF1のコース内外の激戦は、2021年シーズン後半も続いている。レッドブルF1陣営は、メルセデスがマシンの直線スピードを上げるためにリアウイングを含めたレギュレーション違反をほのめかして憶測の旋風を引き起こしている。

ホンダF1、フランク・ウィリアムズの逝去に哀悼の意 「時代を代表する人物」

2021年11月29日
ホンダF1、フランク・ウィリアムズの逝去に哀悼の意 「時代を代表する人物」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が、ホンダを代表してフランク・ウィリアムズに哀悼の意を表した。

ウィリアムズF1の創設者として伝説的なチームオーナーのフランク・ウィリアムズが11月28日(日)に79歳でこの世を去った。

フェルスタッペン、ハミルトンに皮肉「シートベルト違反の方が罰金は安い」

2021年11月29日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン、ハミルトンに皮肉「シートベルト違反の方が罰金は安い」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、その方が罰金は安く済むので、今後はライバルのF1マシンに触れるのではなく、シートベルトを緩めることを検討すると皮肉を込めて述べた。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、2021年のF1タイトルを巡ってコース上で激しく争っているが、その裏側でスチュワードも忙しく案件の処理に追われている。

セルジオ・ペレス 「ガスリーは再びトップチームでのチャンスに値する」

2021年11月28日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「ガスリーは再びトップチームでのチャンスに値する」
セルジオ・ペレスは、元レッドブル・レーシングのドライバーであるピエール・ガスリーにはもう一度トップチームでチャンスを得るのに“相応しい”ドライバーだと認める。

31歳のセルジオ・ペレスは、期待された成績を残せなかったアレクサンダー・アルボンに代わって、2021年にレッドブル・レーシング・ホンダと契約した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム