レッドブルF1 「エイドリアン・ニューウェイはRB18の頭脳」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、チームは幅広いエンジニアリングの才能に頼ることができるが、それでも最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイは、ミルトンキーンズのデザインオフィスの“不可欠”なコンポーネントであり続けていると語る。

レッドブル・ホンダは、ライバルのメルセデスとの激しいタイトル争いを繰り広げているが、メルセデスは早い段階からまったく新しい2022年F1マシンに完全に焦点を移行している。

レッドブル・ホンダは、2022年F1マシン『RB18』を危険に晒さないように、可能な限りホンダのF1エンジンを搭載した今季マシンのRB16Bを開発する道を選んだ。

レッドブルF1のチーフデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、今年、両方のデザインに注意を向けているが、夏にクロアチアで自転車事故が発生し、数週間にわたって仕事が中断された。

だが、伝説的な62歳のエンジニアであるエイドリアン・ニューウェイは、レッドブルの設計部門の「頭脳」のままだ。

「その通りだ。だが、我々は非常に幅広い組織を持っていることを神に感謝している」とjヘルイムート・マルコはAuto Motor und Sportに語った。

「ニューウェイは自転車事故でしばらく外れていた。ニューウェイがレーサーであることを知っておく必要がある。彼が我々に勝つチャンスがあると見たとき、そのモチベーションは30hbp劣っているエンジンを持っているときとは完全に異なる」

「これほど多くの経験を持ち、これほど多くのワールドタイトルを獲得した人は誰もいない。全体的なニューウェイ・パッケージは依然として不可欠だ」

「他のエンジニアにとっても、それらが空気力学部門であろうと他の部門であろうと、ニューウェイは頭脳だ」

ヘルムート・マルコは、エイドリアン・ニューウェイが自転車事故で数週間自宅に拘束されていたにもかかわらず、「紙に物を描いていた」ことを明らかにした。

また、ヘルムート・マルコは、新たなエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズの最新情報を提供。来春のある時点で新しいエンジン部門が稼働することを期待していると語った。

「我々は構造の面で非常に良い基盤を持っています」とヘルムート・マルコは語った。

「だが、まだ1つか2つのポジションが欠けている。メルセデスからだけでなく、他からも人々を連れてきている」

ホンダは、2021年シーズン末にF1から撤退するが、ホンダのF1エンジンは2022年以降もレッドブルのマシンに動力を供給し続ける。

「ホンダから有料でサービスを受ける契約を結んだ。それがステータスだ。2022年にホンダからすべてのエンジンを入手する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1