レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「いつか父とル・マン24時間に挑戦したい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、いつか父親のヨス・フェルスタッペンと一緒にル・マン24時間レースを戦いたいという気持ちが心の片隅にあると認める。

マックス・フェルスタッペンは、F1に100%コミットしており、特に今年はルイス・ハミルトンとのタイトル争いに完全に没頭しているが、過去にル・マン24時間レースに父親のヨス・フェルスタッペンを含んでラインナップで挑戦したいという願望があることを示唆していた。

「僕たちはそれについて少し話をしている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「現在、ハイパーカーが登場し、完全に確立するにはまだいくつかのエントリーが必要だ。ル・マンでやりたいことをもう少し正確に把握するには、あと数年かかると思う」

「将来、絶対にやりたいと思っていることだ。もちろん、父親さんと一緒にできたら素晴らしいだろうね」

今年、WECの新しいハイパーカークラスはトヨタが圧勝。プライベーターとしてグリッケンハウスが参戦していた。2023年にはプジョー、フェラーリがハイパーカーでの参戦を予定している。

ヨス・フェルスタッペンは、2008年にVan Merksteijn Motorsport Porsche RS Spyderを運転して24時間クラシックのLMP2クラスで優勝し、1年後にアストンマーティンレーシングとのLMP1カテゴリーでル・マンでの最後の競争力のあるモータースポーツツアーを楽しんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ル・マン24時間レース