レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「ガスリーは再びトップチームでのチャンスに値する」
セルジオ・ペレスは、元レッドブル・レーシングのドライバーであるピエール・ガスリーにはもう一度トップチームでチャンスを得るのに“相応しい”ドライバーだと認める。

31歳のセルジオ・ペレスは、期待された成績を残せなかったアレクサンダー・アルボンに代わって、2021年にレッドブル・レーシング・ホンダと契約した。

アレクサンダー・アルボンは、同じように成績不振のピエール・ガスリーに代わってレッドブル・レーシングのF1シートを得ていた。現在、ガスリーはレッドブルのセカンドチームであるアルファタウリ・ホンダでレースをしている。

セルジオ・ペレスは、2022年もレッドブル・レーシングへの残留が決定しているが、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ペレスがマックス・フェルスタッペンに十分に匹敵することができなかった3人目のチームメイトだと主張することもできると語る。

「ペレスとボッタスの両方が最初にチームメイトを助ける立場にいなければならない。そして、今のところ彼らはそうではない。彼らが最高の車を持っているとしてもね」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「セルジオはカタールで週末ずっと遅れをとっていた」とラルフ・シューマッハは主張した。

25歳のピエール・ガスリーは、自分がアレクサンダー・アルボンの後任として考慮されなかったことに公然と失望し、その後、レッドブルが2022年にセルジオ・ペレスと再契約したときに再び失望を示した。

それについて質問されたセルジオ・ペレスは「結局のところ、それについて最も多くの情報を持っているのはチームだと思う」とコメント。

「メディア以上のものであり、ドライバー自身以上のものだ」

「今年の数レース後、5レース目くらいだったと思うけど、ボスが僕のところにやってきて、僕に満足していて、彼らと続けてほしいと言ってくれた」

「ピエールに関する限り、彼は高いレベルでパフォーマンスを行っており、トップチームでもう一度チャンスを得るに値すると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / ピエール・ガスリー