ホンダF1、フランク・ウィリアムズの逝去に哀悼の意 「時代を代表する人物」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が、ホンダを代表してフランク・ウィリアムズに哀悼の意を表した。

ウィリアムズF1の創設者として伝説的なチームオーナーのフランク・ウィリアムズが11月28日(日)に79歳でこの世を去った。

ホンダF1は、1983年にスピリットにエンジン供給するかたちで“第2期”をスタート。最終戦F1南アフリカGPでウィリアムズにエンジンを供給。1984年にホンダはスピリットを見限ってウィリアムズF1とパートナーを組み、第9戦F1アメリカGPで復帰後初勝利を挙げる。

1987年までのパートナーシップのなかで、ウィリアムズ・ホンダは1986年と1987年にコンストラクターズタイトル、1987年にネルソン・ピケのドライバーズタイトルを獲得した。

「フランク・ウィリアムズ氏ご逝去の報に接して、深い哀悼の意を表します」と山本雅史はホンダを代表して声明を発表。

「ウィリアムズ・レーシングとホンダは、フランク氏と本田宗一郎氏という、エンジニアリングに情熱を燃やし、勝つことにこだわった創業者によって成長を遂げ、1983年~1987年に5年間で多くの成功をともにしました」

「フランク氏は、一人の夢がチームを作り上げた時代を代表する人物と言っても過言ではありません」

「また、生前の故人はサーキットのみならず、ご自身の人生においても不屈の精神を持ち続けていらっしゃいました」

「一緒に夢を追いかけ、叶えられたことに対して、ホンダを代表して改めて感を捧げるとともに、ご遺族の皆さまへも心よりお悔やみ申し上げます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / ウィリアムズ