ホンダF1の2020年10月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンの続投が2021年のプランA」

2020年10月31日
レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンの続投が2021年のプランA」
アレクサンダー・アルボンの将来について多くの憶測が飛び交っているが、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルボンの残留が“プランA”だと主張した。

F1ポルトガルGPを12位でフィニッシュしたアレクサンダー・アルボンは苦境に立たされている。アルファタウリ・ホンダF1が2021年もピエール・ガスリーの残留を発表し、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが後任候補に挙げられる中、ペレスはレッドブル・ホンダF1への移籍が“選択肢”であることを認めている。

ピエール・ガスリー 「レッドブルF1昇格が考慮されなかったことに驚いた」

2020年10月31日
ピエール・ガスリー 「レッドブルF1昇格が考慮されなかったことに驚いた」 / アルファタウリ・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP 金曜記者会見
ピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権にむけてレッドブル・レーシングのドライバーラインナップの選択肢として自分が考慮されなかったことに“驚いた”と認める。

ピエール・ガスリーは、2020年に傑出したパフォーマンスを披露しているドライバーのひとりであり、F1イタリアGPではアルファタウリ・ホンダで衝撃的なF1初勝利を収めた。

フェラーリ、レッドブルが推進するF1エンジン凍結に「断固として反対」

2020年10月31日
フェラーリ、レッドブルが推進するF1エンジン凍結に「断固として反対」
フェラーリは、レッドブルがホンダのF1エンジンを継続するために推進している2022年からのF1エンジンの凍結というアイデアに“断固として反対”していることを明らかにした。

2021年限りでホンダがF1から撤退するという決定を受け、レッドブルは好ましい選択肢は他のエンジンメーカーのカスタマーになることではないことを明らかにしている。

レッドブルF1首脳 「F1撤退は脅迫ではない」…ホンダF1エンジン問題

2020年10月31日
レッドブルF1首脳 「F1撤退は脅迫ではない」…ホンダF1エンジン問題
レッドブルF1は、2022年シーズンの新しいエンジンオプションを探しており、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、開発の凍結なしにホンダのF1エンジンを継続するオプションは実行可能ではないと繰り返した。

ホンダが2021年限りでF1から撤退することで、レッドブルF1は2020年からエンジンがない状況に陥った。レッドブルF1の“プランA”は、2021年を最後にF1から撤退するホンダF1の技術と運用の知的財産権を引き継ぐことだが、そのためにはエンジンの開発凍結が必要であり、それが実現しなければF1撤退も辞さないとの姿勢を見せている。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は唯一の選択肢だが長くは待てない」

2020年10月31日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は唯一の選択肢だが長くは待てない」 / F1エミリア・ロマーニャGP 金曜記者会見
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダが2021年の選択肢であることを認めつつも、彼らの決定をあまり長く待つことはできないと語る。

レーシング・ポイントは、アストンマーティンF1に名前を変える2021年のドライバーとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと契約。チームを放出されたセルジオ・ペレスにとって2021年のF1シートの空席は限られてきている。

ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用

2020年10月31日
ピエール・ガスリー、アイルトン・セナ仕様のヘルメットを着用 / アルファタウリ・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP(イモラ・サーキット)
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、イモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPにアイルトン・セナをトリビュートした特別なヘルメットを用意した。

多くのF1ファンにとっては、イモラ・サーキットは1994年のF1サンマリノGPでローランド・ラッツァンバーガーとともに命を落としたアイルトン・セナの記憶を蘇らせる。

アレクサンダー・アルボン 「予選は改善しているので課題はスタート」

2020年10月31日
アレクサンダー・アルボン 「予選は改善しているので課題はスタート」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

2021年にレッドブル・ホンダF1のシート喪失が噂されるなか、前戦F1ポルトガルGPでは12位フィニッシュとなってしまったアレクサンダー・アルボン。正念場となるイモラ・サーキットではスタートトーオーピニングラップを課題にあげた。

レッドブルF1 「ホンダF1エンジンの継続使用の最終期限は11月15日」

2020年10月30日
レッドブルF1 「ホンダF1エンジンの継続使用の最終期限は11月15日」
レッドブルF1は、2022年のF1エンジン契約を明確にするための最終期限を11月15日に定めた。

レッドブルF1の“プランA”は、2021年を最後にF1から撤退するホンダF1の技術と運用の知的財産権を引き継ぐことだが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、開発コストを抑えるために2021年にエンジン開発が“凍結”することを要求している。

ホンダF1 「異例の形式のイモラは事前のシミュレーションが重要になる」

2020年10月30日
ホンダF1 「異例の形式のイモラは事前のシミュレーションが重要になる」と田辺豊治TD / F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

F1エミリア・ロマーニャGPの舞台は、14年ぶりのF1開催となるイタリアのイモラ・サーキット。ホンダF1は、前回開催の2006年サンマリノGPには、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロを擁して参戦。特に予選で印象的な走りを見せ、バトンが2番手、バリチェロが3番手を獲得した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 23 | 24 | 25 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム