レッドブルF1 「ホンダF1エンジンの継続使用の最終期限は11月15日」
レッドブルF1は、2022年のF1エンジン契約を明確にするための最終期限を11月15日に定めた。

レッドブルF1の“プランA”は、2021年を最後にF1から撤退するホンダF1の技術と運用の知的財産権を引き継ぐことだが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、開発コストを抑えるために2021年にエンジン開発が“凍結”することを要求している。

10月26日(月)にポルトガルでF1のすべての利害関係者が集まって重要な会議が行われた。

会議の結果について質問されたヘルムート・マルコは「延期された」と Sport1 に語った。

「だが、11月15日までに決定を知る必要がある。それ以上は伸ばせない。それが我々の最終期限だ」

メルセデスは2022年のF1エンジン開発の凍結を支持しているが、フェラーリは物議を醸している拒否権で投票を阻止する可能性があると報じられている。。

FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、“凍結”交渉の進捗状況について尋ねられたときに微笑んで次のように語った。

「5月にレッドブルは、ホンダがF1から撤退することんあっても、開発はいかなる状況でも凍結するべきではないと我々に言っていた。今、彼らは反対のことを望んでいる。それはこのビジネスがどれほど早くするむかを示している」とジャン・トッドは Auto Motor und Sport に語った。

レッドブルは、単なるエンジンカスタマーに戻らなければならない場合、F1を撤退するとさえ脅している。

「私はすべての意見とすべての申請を尊重するが、脅迫されることは許さない」とジャン・トッドは主張する

「燃料メーカーも、競争が激化した場合にのみ継続すると脅迫しているが、排出ガスのない燃料の開発に資金を投資することの方がはるかに重要だ」

「結局のところ、私にとって重要なのは正しい議論であり、脅迫ではない」

ジャン・トッドがよりオープンになのは、新しいエンジン規則を2026年から2024年または2023年に前倒しする必要があるというレッドブルの提案だ。

「可能性があるのであれば、なぜいけないのか?」とジャン・トッドは語った。

「最も重要なことは、新しいレギュレーションが新しいメーカーをスポーツに引き付けることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1