レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンの続投が2021年のプランA」
アレクサンダー・アルボンの将来について多くの憶測が飛び交っているが、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルボンの残留が“プランA”だと主張した。

F1ポルトガルGPを12位でフィニッシュしたアレクサンダー・アルボンは苦境に立たされている。アルファタウリ・ホンダF1が2021年もピエール・ガスリーの残留を発表し、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが後任候補に挙げられる中、ペレスはレッドブル・ホンダF1への移籍が“選択肢”であることを認めている。

だが、今週末のF1エミリア・ロマーニャGPに先立って行われた記者会見で、クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンへの信頼を再確認した。

「彼はマシンで頑張っているし、誰もが彼があのシートを保持するのを見たいと思っている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は外部のノイズを遮断し、仕事に集中し、良い週末を過ごす必要がある。イモラに戻ってきたのは素晴らしいことだ。オールドスクールなサーキットであり、走行は凝縮され、レース週末のタイプも異なる。とにかく週末に懸命に取りかかり、マシンからできる限り多くを引き出さなければならない」

「我々はプランAに完全に焦点を合わせており、プランAが確実に実行されるようにしている。現時点では、それが我々の意向だ。プランBは皆さんの方が知っていると思う」

アレクサンダー・アルボンは、将来について憶測が広まることは普通のことであり、コース上の結果で噂に終止符を打つしかないと語る。

2021年についての推測についてアレクサンダー・アルボンは「話題になっているし、常に話題はあるだろう」とにコメント。

「でも、結局のところ、何を言われようと、コース上では何も変わらない。僕の焦点は何よりもドライビングと結果にある」

「そこに焦点を当てていれば、他のすべてのことが少し落ち着いてくるのはわかっている。このようなことが起こっているけど、僕は仕事に集中している。それが何よりも大事なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン