ジョージ・ラッセル 「ついに開発のためのベースラインを手に入れた」 / メルセデス F1スペインGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を4番手で終えた。

メルセデスF1は今週末にパウンシングを軽減させるアップデートを投入。パフォーマンスに焦点を当てられるようになったましんで、ジョージ・ラッセル実力でレッドブル・レーシングの1台を上回って2列目グリッドを獲得した。

「今日は正しい方向への良い一歩だった。レッドブルの1台に先んじることができ、今シーズンのチームとしてのベスト予選ポジションだ」とjy-ジ・ラッセルはコメント。

「ようやく良いベースラインを得ることができ、僕たちにとってポジティブなセッションだった。ポールのフェラーリとのペースギャップはまだ大きいけど、僕たちにももっと多くのポテンシャルがあった。タイヤが完璧なウィンドウに入っていなかったため、特にQ3はトリッキーだった」

「明日は長いレースだし、僕たちの周りの車の何台かは少し未知だけど、僕たちより良い位置にいると思う」

「開発において、僕たちはついに良いベースラインを手に入れた。僕たちはこの道を続けてより多くのパフォーマンスを見つける必要がある」

ジョージ・ラッセル(メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ) F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1スペインGP