ジョージ・ラッセルの2021年08月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル、F1初表彰台「どんな形であろうと受け取らせてもらう」

2021年8月30日
ジョージ・ラッセル、F1初表彰台「どんな形であろうと受け取らせてもらう」 / F1ベルギーGP 決勝
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1初表彰台をどのようにして獲得したかについては気にしていないと語る。

ジョージ・ラッセルは、土曜日の予選で素晴らしいパフォーマンスを発揮し、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の隣の、フロントローの2番グリッドに彼のウィリアムズを並べた。

ジョージ・ラッセル、驚愕の2番手「失うものは何もない幸運な立場にいた」

2021年8月29日
ジョージ・ラッセル、驚愕の2番手「失うものは何もない幸運な立場にいた」 / F1ベルギーGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、スパ・フランコルシャンでの厳しい金曜日の後、F1ベルギーGPをフロントローからスタートするという結果は期待を大きく上回るものだったと認める。

ジョージ・ラッセルは、ウェットコンディションとなった予選で華麗なパフォーマンスを披露。ルイス・ハミルトンを上回り、ポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンの隣のグリッドを獲得した。

メルセデスF1代表 「2022年にボッタスかラッセルかは決定済み」

2021年8月29日
メルセデスF1代表 「2022年にボッタスかラッセルかは決定済み」
トト・ヴォルフは、2022年にバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのどちらをメルセデスF1のドライバーに起用するかは“決定済み”であることを確認した。しかし、まだどちらを起用するか、いつ正式発表するかについては明言をさけた。

夏休み中、2022年に誰がルイス・ハミルトンとパートナーを組むかについて多くの憶測がなされた。バルテリ・ボッタスが6シーズン目を望んでいる一方で、メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルはウィリアムズとの3年間の“ローン移籍”が今季で終了する。

ボッタス? ラッセル? メルセデスF1、9月までドライバー決定を保留

2021年8月23日
ボッタス? ラッセル? メルセデスF1、9月までドライバー決定を保留
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、ジョージ・ラッセルを迎えるか、もしくはバルテリ・ボッタスを継続するかの決定が9月まで延期されたことをほのめかした。

当初、メルセデスF1は、夏休み中に2022年のドライバーを確定させることを計画していたが、トト・ヴォルフは、発表にはもう少し時間がかかる可能性があると述べた。

ジョージ・ラッセル 「F1ワールドチャンピオンを争う準備はできている」

2021年8月21日
ジョージ・ラッセル 「F1ワールドチャンピオンを争う準備はできている」
ジョージ・ラッセルは、2022年のメルセデスF1のルイス・ハミルトンのパートナーが誰になるかを待っており、F1キャリアで次のステップを踏み出し、レースの勝利とワールドタイトルに挑戦する準備ができていると繰り返した。

メルセデスが支援するジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1と3年目のF1シーズンを戦っており、来年は2017年からメルセデスF1に所属するバルテリボッタスの代わってルイス・ハミルトンのチームメイト候補に挙げられている。

ウィリアムズのF1ドライバー、一緒に彼女同伴でバカンス

2021年8月15日
ウィリアムズのF1ドライバー、一緒に彼女同伴でバカンス
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、彼女同伴で一緒に休暇を過ごしている。

チームメイト同士で仲がいいことは珍しいことはなく、F1ドライバーのなかには仲間のドライバーと休日にカートをして過ごすこともしばしばある。

ウィリアムズF1とジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、サマーブレイクをミコノス島で過ごしており、それぞれのガールフレンドであるカルメンとサンドラと一緒にダウンタイムを過ごしている。

ジョージ・ラッセル 「アロンソからの賞賛は僕にとって大きな意味がある」

2021年8月13日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「アロンソからの賞賛は僕にとって大きな意味がある」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1界のレジェンドでライバルでもあるフェルナンド・アロンソからの最近の賞賛は「自分にとって大きな意味がある」と語る。

ジョージ・ラッセルが、2022年にウィリアムズからメルセデスに昇格する予定であるとの推測が続くなか、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、グリッドの下半分でのラッセルのドライビングは“印象的”だと語った。

ウィリアムズF1首脳でさえジョージ・ラッセルのメルセデス移籍を望む

2021年8月5日
ウィリアムズF1首脳でさえジョージ・ラッセルのメルセデス移籍を望む
ジョージ・ラッセルの現在のボスでさえ、印象的なパフォーマンスをみせる23歳が、2022年にメルセデスF1でフルタイムのシートを獲得できることを願っている。

メルセデスF1の育成ドライバーとしてウィリアムズF1で経験を積んできたジョージ・ラッセルは、今年は3年契約の最終年。2022年はバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスのF1シートに昇格することが広く予想されている。

ジョージ・ラッセル、メルセデスF1の18インチタイヤテストで137周を走破

2021年8月4日
ジョージ・ラッセル、メルセデスF1の18インチタイヤテストで137周を走破
ジョージ・ラッセルは、ハンガロリンクで実際された2022年の18インチタイヤテストにメルセデスF1のマシンで合計137周を走破した。

F1ハンガリーGPの直後、ジョージ・ラッセルが、ピレリのタイヤテストで、昨年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役を務めて以来、メルセデスにF1マシンを運転することが発表された。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム