ジョージ・ラッセル、F1初表彰台「どんな形であろうと受け取らせてもらう」 / F1ベルギーGP 決勝
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1初表彰台をどのようにして獲得したかについては気にしていないと語る。

ジョージ・ラッセルは、土曜日の予選で素晴らしいパフォーマンスを発揮し、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の隣の、フロントローの2番グリッドに彼のウィリアムズを並べた。

雨天となったF1ベルギーGPの決勝は、3時間の中断を経たレース再開後も天候は悪化。セーフティカーの後ろでのわずか2周での走行でレースは終了。ジョージ・ラッセルの2位が確定し、F1初表彰台を獲得した。

ジョージ・ラッセルは、F1ベルギーGPでのセンセーショナルな結果を振り返り、グリッドの後ろで何年にもわたる苦痛が続いた後、ウィリアムズはそれに値すると語った。

「どんな形であろうと受け取らせてもらう。それにウィリアムズとの3シーズン目で初ポイントを獲得したのが前回のレースで、ここベルギーGPで表彰台に立っていることを忘れてはならないとジョージ・ラッセルは語った。

「今年の初めに言われていたら『まさか』と言っていただろう。もちろん、、レースが進んでいたら、ポジションを維持するのは信じられないほど困難だっただろうし、僕たちのストラテジストは僕たちをグリッド上で17番目に速いマシンとしてダウンさせていたし、グリッドで17番目に速いマシンが表彰台を目指して戦うのはとても難しかっただろう」

「巡ってきたときにそれを掴み取る必要がある。僕が言ったように、昨日はハードワークが行われたし、それに対する報酬を得ることができて、とても素晴らしかった」

ジョージ・ラッセルは、44周のレースで表彰台を獲得した場合ほど興奮していないことを認めたが、ウィリアムズのためにこれから何年も味わうことになるだろうと語る。

「泣くつもりはない。今回は泣くつもりはない。今回はずっと感情的だった」とジョージ・ラッセルは付け加えた。

「レースラップをせずにこの表彰台を獲得したので、かなり奇妙な気持ちだということを認めなければならない。F1レースは言うまでもなく、僕のキャリア全体でこんなことは経験したことがない」

「通常ほど高揚していないけど、ガレージに戻って、みんなと一緒に祝い、トロフィーを手にして、シャンパンを手にするだろう。僕たち全員がこのことを長い間覚えていると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ベルギーGP