ジョージ・ラッセル、驚愕の2番手「失うものは何もない幸運な立場にいた」 / F1ベルギーGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、スパ・フランコルシャンでの厳しい金曜日の後、F1ベルギーGPをフロントローからスタートするという結果は期待を大きく上回るものだったと認める。

ジョージ・ラッセルは、ウェットコンディションとなった予選で華麗なパフォーマンスを披露。ルイス・ハミルトンを上回り、ポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンの隣のグリッドを獲得した。

実際、ジョージ・ラッセルは、金曜日の2回のプラクティスを14番と17番手に沈んでいたが、土曜日には“ミスターサタデー”のニックネームのとおり、重要なタイミングでチームのベストグリッドを確保するパフォーマンスを見せた。

「何て言ったらいいのか分からない」とジョージ・ラッセルの予選後に語ったt。

「昨日はどうにかQ1から抜け出せたら良い仕事だと思っていた。そして、今は僕たちはフロントローに立っている」

「スタッフは素晴らしい仕事をしたと思う。僕たちはいつも適切なタイミングでコースにいた。マシンのフィーリングは素晴らしかったし、かなり自信があった。明日もそうだ」

「僕は失うものが何もないという幸運な立場にあったと思う。僕たちはQ3にいたけど、それは僕たちにとってノーマルなことではないし、とにかく走るだけだった。最後のラップでは完全な最大エンジンモードはセーブしていたし、本当に興奮している」

「でも、もちろん、重要なのは明日だし、そこから頑張って多くのポイントを獲得する必要がある」

インタビュアーのマーク・ウェバーは、ジョージ・ラッセルに2位はスパ・フランコルシャンでスタートするのに良い場所であり、リードに挑戦できるかもしれないと指摘した。

「それがプランだ」と昨年のサヒールGPでルイス・ハミルトンの代ってメルセデスから参戦したときも2番手スタートだったジョージ・ラッセルは語った。

ウィアムズF1のチーム代表ヨースト・カピトは、予選の終わりにチーム無線に登場し、「ファンタスティックだ、ジョージ、物凄いことだ。チーム全体が素晴らしい仕事をし、君は見事だった。本当にありがとう。君はそれに値する」と語った。

その後、ヨースト・カピトは「まだ信じられない。我々は戦略とそれをどのように実行するかについて多くのことに取り組んだ。Q3で失うものは何もなかったし、勝つことができた」

「Q3に進出することは、我々にとってすでに大きな成功だ。そうなれば、『OK、すべてを1ラップに注ぎ込んで、達成できるかどうだ』という戦略ができる。ジョージは自分にそれができることを分かっている」

「彼のパフォーマンスにとっても素晴らしいことだ。我々はジョージにウェットタイヤでの自信を与えたかったが、彼はインターミディエイトでそれができることを知っていた。それがうまくいった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ベルギーGP