ジョージ・ラッセル、メルセデスF1の18インチタイヤテストで137周を走破
ジョージ・ラッセルは、ハンガロリンクで実際された2022年の18インチタイヤテストにメルセデスF1のマシンで合計137周を走破した。

F1ハンガリーGPの直後、ジョージ・ラッセルが、ピレリのタイヤテストで、昨年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役を務めて以来、メルセデスにF1マシンを運転することが発表された。

2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトは、夏休み明けにも発表されるとさえており、バルテリ・ボッタスではなく、ジョージ・ラッセルがテストを依頼されたという事実は、多くの人がトト・ヴォルフがラッセルの昇格を決めた兆候だと感じている。

ハンガロリンクで2022年の18インチタイヤをテストしたのはジョージ・ラッセルだけではない。マクラーレンとフェラーリも参加しており、マクラーレンはランド・ノリス、フェラーリはカルロス・サインツ、シャルル・ルクレールがテストを実施した。

フェラーリは、シャルル・ルクレールが午前中に91周を完了し、午後にはカルロス・サインツがテストを引き継いで82周を走破した。

一方、ランド・ノリスは合計122周を走行しました。チームメイトのダニエル・リカルドが水曜日にテストを引き継ぐ。

レースウィークエンドとは異なり、サーキットは一日中ドライのままとなり、ドライバーはドライコンパウンドのみをテストした。

マクラーレン 18インチF1タイヤテストフェラーリ 18インチF1タイヤテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / ピレリ