ジョージ・ラッセル 「F1ワールドチャンピオンを争う準備はできている」
ジョージ・ラッセルは、2022年のメルセデスF1のルイス・ハミルトンのパートナーが誰になるかを待っており、F1キャリアで次のステップを踏み出し、レースの勝利とワールドタイトルに挑戦する準備ができていると繰り返した。

メルセデスが支援するジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1と3年目のF1シーズンを戦っており、来年は2017年からメルセデスF1に所属するバルテリボッタスの代わってルイス・ハミルトンのチームメイト候補に挙げられている。

今季、ジョージ・ラッセルは、非力なウィリアムズのF1マシンで輝いており、レッドブル・リンクとシルバーストンで連続してQ3進出を果たし、オープニングラップで多重クラッシュが発生したF1ハンガリーGPではチームとの初ポイントを獲得した。

ジョージ・ラッセルは「世界選手権に向けて戦い、レースに勝つ準備はできていると感じている」と GPFansGlobal に語った。

「F1に参加して、最初のレースからの勝利のために戦うことでできていれば良かったけどね」

「でも、10年か15年後に振り返り、フィールドのバックエンドでのこの経験が、長期的には僕に利益をもたらしてくれたと言うかもしれない」

「でも、来年どこに行き着いたとしても、チャンピオンシップのために戦うのか、ポイントのためだけに戦うのか、どのポジションで戦うのかに関わらず、自分が持っているすべてのものをそれに与えるつもりだ」

今週初め、元F1ドライバーのジョン・ワトソンは、ルイス・ハミルトンがジョージ・ラッセルという“若いライオン”がメルセデスに加わることを快くは思わないだろうと語った。

「メルセデスでジョージに会いたい」とジョン・ワトソンは語った。

「しかし、そうなるとすれば、ジョージは、ルイスが一緒にいるときはいつでも、ルイスの2番目のフィドルを演奏しなければならないことを受け入れる必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス