ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「アロンソからの賞賛は僕にとって大きな意味がある」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1界のレジェンドでライバルでもあるフェルナンド・アロンソからの最近の賞賛は「自分にとって大きな意味がある」と語る。

ジョージ・ラッセルが、2022年にウィリアムズからメルセデスに昇格する予定であるとの推測が続くなか、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、グリッドの下半分でのラッセルのドライビングは“印象的”だと語った。

「僕たちはそれが競争力のあるパッケージではないことを知っている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「今年は良くなったけど、最後の2年はそうではなかった。彼は毎週末に特別な何かをやっていたし、家で見ていた楽しかった。それにはいつも感動させた」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

ジョージ・ラッセルは、個人的にもフェルナンド・アロンソからそういった賞賛を与えられたか質問された。

「僕はそれをメディアから聞いた」とジョージ・ラッセルは Auto Motor und Sport に語った。

「でも、フェルナンドからそのようなことを聞くことは僕にとって大きな意味がある。彼は史上最高のレーシングドライバーの一人だ」

「彼はタイトルを獲得するのに10ポイントかそこら足りないだけことが何度もあったという統計を見た。2回のワールドチャンピオンは素晴らしい成果だけど、あともう少しでもっと多くのタイトルを獲得できていたはずだった」

「だから、とても尊敬している彼のようなドライバーから賞賛されるのはいつだってうれしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / フェルナンド・アロンソ