ウィリアムズF1首脳でさえジョージ・ラッセルのメルセデス移籍を望む
ジョージ・ラッセルの現在のボスでさえ、印象的なパフォーマンスをみせる23歳が、2022年にメルセデスF1でフルタイムのシートを獲得できることを願っている。

メルセデスF1の育成ドライバーとしてウィリアムズF1で経験を積んできたジョージ・ラッセルは、今年は3年契約の最終年。2022年はバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスのF1シートに昇格することが広く予想されている。

ウィリアムズF1のCEOと務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルを“もう1年キープしたい”と認めつつも、次のように続ける。

「しかし、彼がメルセデスで走るというオファーを受け取った場合、彼は我々の完全なサポートを得るだろう」とヨースト・カピトは語る。

「そうでない場合、彼は我々の完全なサポートも受ける。だからこそ、我々は結果に関係なく、決定が下されるまで待つことができる。我々としては問題はない」

仮にジョージ・ラッセルを失うことになっても、バルテリ・ボッタス、ニコ・ヒュルケンベルグ、ダニール・クビアトなど、潜在的な後任候補に不足はない。

「来年の場所や来年の選択肢がないドライバーは、現在、我々と話し合っていると思う」とヨースト・カピトは認めた。

「現時点でF1で最も切望されている場所だ」

ジョージ・ラッセルに関しては、ヨースト・カピトは、彼のキャリアの次のステップを踏み出す準備ができていると語る。

「ジョージは今、彼のキャリアの中でトップチームでのドライブとタイトル争いに対処できる立場にあるので、彼にその場所を与えてもらいたい」とヨースト・カピトは語った。

「彼がこの機会を得た場合、私は若いドライバーを決して引き止めはしない。だから、彼がこのチャンスを得られることを願っている」

「しかし、もちろん、我々のチームに関する限り、彼を維持したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル