ダニエル・リカルド 「9位だけどポイントを獲得できたのはポジティブ」 / マクラーレン F1 フランスGP 決勝
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で9位入賞を果たした。

2台のグリッド降格によって9番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、スターティングポジションを維持して9位でフィニッシュ。それでもチームメイトやアルピーヌ勢と戦うことはできなかったと振り返る。

「ポイントを獲得できたのはポジティブだ。9位ではあるけど、それでも重要だ」とダニエル・リカルドはコメント。

「スティントの序盤は少しペースがあったし、それをもっと引き出そうとしていたけど、そこからあまりに早くに落ちてしまったので、ミドルスティント以降は苦労したし、アルピーヌ勢やランドと一緒に走るペースはなかった」

「できる限りのことをしたと感じているけど、それだけでは満足できない」

「今週末、トラックにアップデートを到着させるためにハードワークしてくれた全員に改めて感謝している。今後数レースでもっと引き出せるようにプッシュしていく。ダブル入賞はできたけど、仕事を続けていく」

ダニエル・リカルド マクラーレン F1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1フランスGP