F1フランスGP:VSCのリスタート遅延は「ハードウェアに問題があった」
F1フランスグランプリ終盤に物議を醸したバーチャルセーフティカー(VSC)のリスタート遅延の原因についてFIA(国際自動車連盟)が説明を行った。

周冠宇(アルファロメオ)がエンジンの問題のコース脇にマシンを停めた後、FIAはマーシャルが車を回収できるようにバーチャルセーフティカーを導入した。

トラックがクリアになると、レースコントロールはチームにメッセージを送り、バーチャルセーフティカーが終了することを知らせた。

F1の競技規則によると、レースは「10秒から15秒後の任意の時点」でグリーンになると想定されており、ドライバーは再びレースを開始できる。

しかし、ポール・リカールでの最初の試みでは起こらず、レースはバーチャルセーフティカーの条件下でより長くとどまった。

その後、2回目の「VSC終了」メッセージが送信され、最終的にレースが再開された。しかし、一部のドライバーはその混乱でレース再開時にスピードに乗れなかった。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)に抜かれたセルジオ・ペレス(レッドブル)は「正直言って、バーチャルセーフティカーが結果に干渉したのは残念だ。起こるべきではないことだけど、今日はそれが起こった」と不満をあらわにした。

「VSC終了のメッセージは完全に間違っていました。ターン9で終了する予定だったけど、ターン12まで終了しなかった。彼らが何をしていたのか分からない」

FIAは、レース再開の遅れはコンピューターシステムの問題が原因であり、バックアップソリューションへの切り替えを余儀なくされたと説明した。これは意図したとおりに機能しましたが、再起動に遅延があったことを意味する。

FIAは「ハードウェアの問題が原因で2回目のVSC終了メッセージが送信され、そのシナリオで正常に機能するバックアップシステムへの自動切り替えが行われた」と声明で述べた。

「同じ情報がすべてのチームに同時に提供される。トラックサイドパネルに表示されている緑色のライトまでのVSC終了カウントダウン時間は常にランダムだ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、この問題に特に腹を立てていなかったが、重要なことは何が悪かったのかについてFIAから説明を受けることだと語った。

「我々はただ事実を理解したいだけだ。チェコ(ペレス)とチャットしたばかりだが、システムで何らかの不具合が発生していたので、とにかく理解したい」

F1 国際自動車連盟

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1フランスGP / FIA