F2 ファン・マヌエル・コレア
FIA F2ベルギー大会で大クラッシュを喫したファン・マヌエル・コレアは、両足を骨折し、軽度の脊椎損傷を負ったが、病院で容体は安定している。

レースの2周目、オー・ルージュでジュリアーノ・アレジがスピン。それを避けようとしたアントワーヌ・ユベールがラディオンでバリアにクラッシュしてコース上に戻り、そこにファン・マヌエル・コレアが高速で突っ込み、2台のマシンは大破した。

アントワーヌ・ユベールは事故から1時間後に死亡が確認された。ファン・マヌエル・コレアはCHUリージュ病院に搬送され、集中治療室に入った。

ファン・マヌエル・コレアのメディアチームは声明文を発表。手術を受けて、容体は安定していると述べた。

「本日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われたベルギーGPでファン・マヌエル・コレアは恐ろしいアクシデントに巻き込まれた」

「前方で起こったアクシデントの犠牲となったコレアに行き場所はなく、停止していたF2カーに接触した。コレアは両足の骨折と軽度の脊髄損傷を負い、手術を受けて集中治療室にいる

「現時点では、ファン・マヌエル・コレアの容体は安定している。彼はヘリコプターで病院に搬送され、そこで手術を受けた。手術室に入るまでずっと意識を保っていた」

「皆さんにはファン-マヌエルを想い、祈りながらも、アントワーヌ・ユベールの家族、友人の幸福も祈って欲しい。モータースポーツにいて我々はひとつの家族であり、今日、我々は大切な家族の一員を失った」

「ファン・マヌエルの容体に関する最新情報は入手次第発表する」

F2は、アントワーヌ・ユベールの死を受けて日曜日のレース2の中止を決定している。

アルファロメオ・レーシングの開発ドライバーを務めるアメリカ出身のファン・マヌエル・コレアは、先週、ポール・リカールのプライベートテストに参加し、F1マシンで初走行を行っている。

関連:F2 ベルギー大会 レース1 | 大クラッシュが発生して中止が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2