メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明

2022年4月30日
メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明
メルセデスF1は、エミリア・ロマーニャGPの決勝で、ルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの後ろで苦戦を強いられたのは、スプリントで経験した問題の継続であったことを確認した。

ルイス・ハミルトンにとって、エミリア・ロマーニャGPは苛立たしい午後となった。一斉にスリックタイヤに交換したピットストップでの混乱などもあり、レースの大部分でスクーデリア・アルファタリのピエール・ガスリーを後ろで過ごした。

ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」

2022年4月30日
ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」
元F1ドライバーのジャン・アレジは、エミリア・ロマーニャGPでのマシンセットアップの決定に関して、レッドブル・レーシングは「少し運が良かった」と語った。

エミリア・ロマーニャGPでは、マックス・フェルスタッペンがスプリントと決勝の両方で優勝し、ポジションとファステストラップも記録するほぼ完璧な週末を過ごしたが、レッドブル・レーシングは車のセットアップに関して幸運だったと言われている。

レッドブルF1、ルクレールの事故は「ペレスのDRS圏内に入ろうとしていた」

2022年4月29日
レッドブルF1、ルクレールの事故は「ペレスのDRS圏内に入ろうとしていた」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでのシャルル・ルクレールのスピンについて考察し、その結果はチームにとって「ボーナス」だったと表現した。

シャルル・ルクレールは、2番手を走行していたセルジオ・ペレスを追っていた際に、ヴァリアンテ・アルタでスライドしてバリアに接触。修理のためにピットに戻らざるを得なかった。

レッドブルF1代表 「イモラでのアップグレード投入は正しい判断だった」

2022年4月27日
レッドブルF1代表 「イモラでのアップグレード投入は正しい判断だった」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、エミリア・ロマーニャGPでRB18にアップグレードを導入していたことを明かし、自分たちを信じたことが正しい判断だったことが証明されたと語った。

ヨーロッパシーズンの緒戦は、最初のアップグレードパッケージを投入するのに最適な時期だが、エミリア・ロマーニャGPは、2022年最初のスプリントフォーマットが実際されたレースであり、アップフレードを評価できるフラクティスは1時間しかなかった。

フェラーリF1代表 「ルクレールのミスはプレッシャーとは無関係」

2022年4月27日
フェラーリF1代表 「ルクレールのミスはプレッシャーとは無関係」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、エミリア・ロマーニャGPでのシャルル・ルクレールのミスは「プレッシャーとは無関係」だと庇った。

チャンピオンシップリーダーとしてホームレースとなるイモラに乗り込んだスクーデリア・フェラーリだが、大勢のティフォシの前で悪夢のような週末を過ごした。

レッドブルF1首脳 「イモラでアップグレードを導入する勇気が必要だった」

2022年4月26日
レッドブルF1首脳 「イモラでアップグレードを導入する勇気が必要だった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでアップグレードを導入するという“リスク”を冒したことがレッドブル・レーシングを復活に導いたと語る。

レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは、フェラーリのホームグラウンドであるイモラでのレース週末を支配し、2022年のチャンピオンシップ争いに戻った。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンを周回遅れしても驚かなかった」

2022年4月26日
マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンを周回遅れしても驚かなかった」 / F1 エミリア・ロマーニャGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、メルセデスF1が“一年中遅い”ので、F1エミリア・ロマーニャGPでルイス・ハミルトンを周回遅れにしても“驚き”花方っと語る。

昨シーズン、マックス・フェルスタッペンは、最終戦アブダビGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンを抜いて勝利とチャンピオンシップを手にしたが、今年のオーバーテイクのひとつはブルーフラッグによるものだった。

F1エミリア・ロマーニャGP:DRSの遅いアクティブ化に不満の声

2022年4月26日
F1エミリア・ロマーニャGP:DRSの遅いアクティブ化に不満の声
F1エミリア・ロマーニャGPでのDRSのアクティブ化されるのが遅かったことに数名のドライバーが不満を漏らしている。

午前中の雨によって、レースは全車がインターミディエイトタイヤでスタート。19周目には全ドライバーがスリックタイヤに交換したが、スタート/フィニッシュストレートに設けられたDRSゾーンは、さらに15周の間アクティブにならなかった。

角田裕毅 「ファクトリーの人たちに走りで感謝を伝えられた」

2022年4月26日
角田裕毅 「ファクトリーの人たちに走りで感謝を伝えられた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 エミリア・ロマーニャGP
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、F1エミリア・ロマーニャGPでアルファタウリAT03があのような競争力を発揮することは期待していなかったと認める。

レース後半に数台をオーバーテイクして角田裕毅は、今季ベストリザルトとなる7位でフィニッシュ。4レースで2回目となる入賞を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム