「アストンマーティンF1は幻想を抱いていなかった」とデ・ラ・ロサ

2023年12月29日
「アストンマーティンF1は幻想を抱いていなかった」とデ・ラ・ロサ
アストンマーティンF1チームは、2023年のF1世界選手権の序盤でレッドブルに追いつける唯一のチームだった。しかし、シルバーストーンに本拠を置くこのチームは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスに勝つのはほぼ不可能だとわかっていたと、元F1ドライバーでアストンマーティンのアンバサダーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサがRacingNews365の独占インタビューで語った。

アロンソはアストンマーティンF1とナンバー2契約?デ・ラ・ロサが一蹴

2023年7月4日
アロンソはアストンマーティンF1とナンバー2契約?デ・ラ・ロサが一蹴
ペドロ・デ・ラ・ロサが、フェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1との契約内容に関する荒唐無稽な噂を一蹴した。

かつて2度のチャンピオンに輝いた41歳のアロンソは、引退するセバスチャン・ベッテルの後任として昨年末にアルピーヌからアストンマーティンに移籍した。

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「F1ドライバーは若ければいいというわけではない」

2022年12月10日
ペドロ・デ・ラ・ロサ 「F1ドライバーは若ければいいというわけではない」
ペドロ・デ・ラ・ロサは、2008年にマクラーレンのF1シートを逃したのは年齢が理由だったと考えており、F1でドライバーを年齢だけで判断するのは「非常に不快」だと語った。

2023年、今年のモンツァでウィリアムズで1戦限りのF1参戦を果たしてポイントを獲得する大活躍をしたニック・デ・フリースが、28歳でアルファタウリでフルタイムのF1参戦を果たす。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、アストンマーティンF1のアンバサダーに就任

2022年10月13日
ペドロ・デ・ラ・ロサ、アストンマーティンF1のアンバサダーに就任
アストンマーティンF1チーム は、ペドロ・デ・ラ・ロサをチームアンバサダーに任命したことを発表した。

51歳のペドロ・ペドロは 1999年から2012年にかけてF1でのキャリアを成功させ、5つのチームで104のグランプリに参戦し、特に2006年のF1ハンガリーGPで素晴らしい2位を獲得している。

F1:キミ・ライコネンはトップF1ドライバーの器ではない

2020年3月27日
F1:キミ・ライコネンはトップF1ドライバーのレベルではない
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、キミ・ライコネンは、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソ、マックス・フェルスタッペンといったF1のトップドライバーの器ではないと語る。

キミ・ライコネンは、マクラーレン時代に多くのファンの心を捕らえた。アグレッシブなレース展開で流行を生み出し、2007年にはフェラーリとともにF1ワールドチャンピオンを獲得した。

「アロンソとハミルトンはF1史上最強のペアだった」とデ・ラ・ロサ

2020年3月21日
「アロンソとハミルトンはF1史上最強のペアだった」とデ・ラ・ロサ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、2007年のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというマクラーレンのラインナップは文句なしにF1史上最強ペアだったと語る。

当時マクラーレンのテストドライバーを務めていたペドロ・デ・ラ・ロサは、マクラーレンでルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソの激しいライバル関係を目の当たりにした。

「F1にはハミルトンとフェルスタッペンのタイトル争いが必要」

2020年3月10日
「F1にはハミルトンとフェルスタッペンのタイトル争いが必要」
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、F1はルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのタイトル争いを必要としていると語る。

2020年のF1世界選手権もあと数日で開幕。プレシーズンテストでは各チームがお互いをけん制する状況が続いたが、絶対王者のルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの間で激しいタイトル争いが展開されることが期待されている。

「マクラーレンは2020年に3強チームとの差を縮める」とデ・ラ・ロサ

2019年10月23日
「マクラーレンは2020年に3強チームとの差を縮める」とデ・ラ・ロサ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、マクラーレンは2020年のF1シーズンで上位3チームとのギャップを縮めることができると考えている。

現在48歳のペドロ・デ・ラ・ロサは、メルセデス時代のマクラーレンで長年のテストドライバーを務めてきた。その後、マクラーレンはホンダとの大失敗とロン・デニス時代の終わりにより遅れをとることになった。

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「フェラーリはベッテルを守ってあげなかった」

2018年11月4日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、2018年のタイトル争いにおいてフェラーリはセバスチャン・ベッテルをプレッシャーから守ってあげなかったと考えている。

多くのオブザーバーは、フェラーリには今シーズンでしばしば最速のクルマがあったが、フェラーリ特有のプレッシャーとマネジメントがベッテルを敗北に追いやったと考えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム