F1オーストラリアGP:DRSゾーンの削除は「アロンソが最も声高に叫んだ」
F1オーストラリアGPのDRSゾーンは土曜日に4つから3つに削減されたが、Sky Sports F1の解説者を務める元F1ドライバーのカルン・チャンドックによると、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)がその原動力だったと主張する。

アルバート・パーク・サーキットは2022年のF1オーストラリアGPの開催に向けてレイアウトを大幅に変更したが、1分20秒未満のラップに4つのDRSゾーンを設置することは人々を驚かせた。

しかし、FP3の前に、“安全上の問題”のためにターン9のゾーンの1つが削除されることが発表された。

カルン・チャンドックは、特にフェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームに有利になるように変更を推進していたと考えている。

「ピットレーンで数人のチームマネージャーと話をしたが、彼らはそれに満足していない」と元F1ドライバーのカルン・チャンドックはSky Sports F1に語った。

「彼らは、セッションの20分前にDRSゾーンの削除について知らされた」

「人々は『何が大事なのか、ボタンを押すだけ』と疑問に思うかもしれませんが、DRSを開いていると“ポーパシング”が少なくなるため、セットアップに大きな影響がある」

「したがって、DRSを閉じていると“ポーパシング”が多い車は不利になる。メルセデスなどがそうだ」

「チームマネージャーの1人は、フェルナンド・アロンソがドライバーブリーフィングで最も大きな声で叫んだことをはっきりと認識してした。『これは安全上の問題だ。あそこのDRSを取り除く必要がある』とね。アルピーヌはダウンフォースを減らしているためだ。 DRSが閉じられている場合、彼らはより多くを得るだろう、そして、彼らは“ポーパシング”の問題が少ない」

「今朝のDRAの削除については、多くの不満がある」

スクーデリア・フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、カルン・チャンドホックのコメントの直後にこの問題について質問されたとき、激情をあおることを拒否し、安全を理由に決定を支持したと主張した。

「いくつかのチームの術中にはまったのかどうかは分からないが、安全上の理由から決定された」とマッティア・ビノットは語った。

「安全の問題であるとき、それをすることは常に正しいと思う。安全のために必要かどうかはFIAの判断だ。我々は彼らを信頼する必要があると思う。最終的に彼らが安全のためにそれを削除することを決定した場合、我々は単に彼らをサポートしようとすべきだと思う」

「それがバウンシング、ラップタイム、そして車の挙動に影響を与えるのは確かだが、それでもそれは安全上の問題であり、それに対して何の関係もないと思う。とにかくパッケージを最適化するだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1オーストラリアGP / フェルナンド・アロンソ / カルン・チャンドック / アルピーヌ