ジェンソン・バトン ブラウンGP
ジェンソン・バトンが、F1シンガポールGPへの意気込みとナイトレースの印象を語った。

ジェンソン・バトン (ブラウンGP)
去年のシンガポールGPは驚くべき経験だったし、本当に1年のハイライトだった。照明の下でドライブすることは凄く楽しかったし、ターン1とターン5は少し暗くて、ブレーキング距離を判断するのが難しかったけど、視認性もかなり良かった。マリーナ・ベイ・ストリート。サーキットはかなりチャレンジングだし、ストップ&ゴーのレイアウトなのでいつもは好きなタイプではないんだけど、ドライブするのは楽しかった。

去年のように、僕たちはヨーロッパ時間のままでレース週末を過ごす予定なので、気を配っているし、身体が夕方のタイムテーブルに正しく反応するように準備するために、夜中に起きて、日中の大部分を眠っていることになる。先週は、トラックレイアウトやギア、ダウンフォースレベルの助けになるようにシミュレーターでサーキットをドライブするのにファクトリーで過ごしたので、うまく準備できているし、シンガポールに到着して、週末を進めるのを楽しみにしている。

開催日程:2009年 F1 シンガポールGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ブラウンGP | F1シンガポールGP