ザウバー、チーム名の変更を認められる

2010年6月24日
ザウバー
ザウバーは、2011年からBMWザウバーというチーム名から「BMW」の文字を取り除くことを認められた。

昨年末にF1から撤退したBMWからチームを買収してチームは存続したが、コンストラクターズ6位の分配金を確実に受け取るために「BMWザウバーF1チーム」というチーム名のまま参戦していた。

しかしザウバーは今週、チーム名からBMWを外し「ザウバーF1チーム」に変更するように申請を行っていた。

BMW、2012年からDTM参戦の意向を発表

2010年4月30日
BMW
BMWは、2012年からドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦する意向を発表した。

2009年、BMWは10年間参戦したF1から撤退した。

BMWは29日に声明を発表。DTMを運営するITRが現在考慮しなければならない“特定の基本的な必要条件”を待っているが、BMWの取締役会が2012年からDTMに参戦するで一致したことを発表した。

ザウバー、BMWザウバーのチーム名称を継続か

2010年1月4日
ザウバー BMWザウバーとして参戦か
ペーター・ザウバーは、チーム名称の変更時期がまだ未定だと語る。

BMWのF1撤退とカドバックとの買収失敗により、チームはザウバーの設立者であるペーター・ザウバーに買い戻された。

しかし、ペーター・ザウバーはチームの新名称の決定が「最も小さな問題のひとつ」であるとスイスの週刊誌NZZ am Sonntagにコメントした。

ザウバー、2010年のF1参戦権を獲得

2009年12月4日
ザウバー 2010年のF1参戦が決定
FIAは、ザウバーに2010年のF1グリッドの最終枠を与えることを発表した。

BMWのF1撤退により、2010年の参戦枠をロータスに明け渡す形となったザウバー。しかし、シーズン終了後にトヨタがF1を撤退し、13番目のグリッドは空席となっていた。

BMWは当初、カドバックにチームを売却することで合意していたが、契約は不成立。その後、チーム創設者であるペーター・ザウバーがチームを買い戻すF1活動を継続することになった。

ベルトラン・バゲット、サウバーのテストにも参加

2009年12月3日
ベルトラン・バゲット
ベルトラン・バゲットが、F1若手ドライバーテストの最終日にザウバーから参加することが発表された。

ベルトラン・バゲットは、フォーミュラ・ルノー3.5のタイトルのご褒美として、初日にルノーのテストに参加。9番手タイムを記録している。

「サウバーでドライブできることをとても嬉しく思っている」とベルトラン・バゲットはコメント。

ザウバーF1、2010年のF1参戦に自信

2009年12月1日
ザウバーF1 ペーター・ザウバー
ザウバーF1は、2010年グリッドの最終枠を与えられることに自信をもっている。

トヨタF1撤退による参戦枠についての公式発表はなされていないが、ペーター・ザウバーは、状況を楽観的に捉えている。

「今回の合意は、チームの将来とヒンウィルの施設が確保されたことを意味する。私は、その情勢にとても安心している」とペーター・サウバーは語る。

マリオ・タイセン、F1チームを離脱

2009年11月30日
マリオ・タイセン
マリオ・タイセンは、2010年以降もBMWのモータースポーツ・ディレクターを務め、F1からは離れる予定だと語る。

マリオ・タイセンは、スイスの“Blick”紙に対して「今後もBMWのモータースポーツ活動を担当する」をコメント。

別の記事ではタイセンは別のドイツの記事で「ペーター・ザウバーが支配権を握ったので、彼がチームを率いるだろう」とコメント。

ザウバーF1、2010年F1参戦リスト落ちか

2009年11月30日
ザウバーF1の運命は?!
2010年のF1参戦リストにザウバーが掲載されないとの報道が広まっている。

“Blick”と“Auto Motor und Sport”は、トヨタがコンコルド協定を破ったことに対する罰金1億5,000万ドルを回避するために、参戦権をステファンGPに譲ることを検討していると報じている。

ステファンGPは、2010年と2011年に年間500万ユーロでトヨタのエンジンとケルンの施設を使用し、その後セルビアに移転すると報じられている。

ザウバーF1、2010年F1マシン名は『C29』

2009年11月30日
C29というマシン名を明かしたペーター・ザウバー
ペーター・サウバーは、新生ザウバーチームの2010年F1マシンが「C29」と呼ばれるだろうと語った。

BMWとカドバックへの売却契約が不成立に終わり、2005年に手放したザウバーを買い戻すことになったペーター・ザウバーは、新車の進捗が「非常に良い」と語る。

新生ザウバーは、フェラーリのエンジンとトランスミッションを搭載するとみられており、「これまでよりも良いだろう」としている。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム