シャルル・ルクレールを苦しめたのはフェルスタッペンの捨てバイザー? / F1ベルギーGP
マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールのレースに妥協をもたらした捨てバイザーが自分のものではないことを願っていると語る。

シャルル・ルクレールは、F1ベルギーGPに先立って新しいパワーユニットに交換したため、決勝でグリッドペナルティが発生した。ライバルのマックス・フェルスタッペンも新しいパワーユニットで降格となったがレースに勝つことができた一方で、ルクレールの午後はスムーズではなかった。

初期のセーフティカーの後ろで、車の右フロントから煙を報告した後、予定外のピットストップを行うためにピットインを余儀なくされた。

フェラーリは、シャルル・ルクレールのブレーキシステムに引っかかったのはヘルメットバイザーのティアオフ(捨てバイザー)であり、それはマックス・フェルスタッペンのものである可能性があることを発見したと述べた。

「(オープニングラップは)非常に忙しかったし、ダートも多かった。前のセクターのせいでほとんど何も見えなかったので、僕もティアオフを剥がした。みんなと同じようにが芝生やグラベルの上を走ったけど、ダメージを受けることなく乗り切りました」とマックス・フェルスタッペンは語った。

オンボードカメラは、マックス・フェルスタッペンが捨てバイザーを剥がし、車の外に放す様子を映されている。

その時、シャルル・ルクレールはマックス・フェルスタッペンの後ろを走っていた。

「それが僕のものでないことを願っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、そこにはいろいろなものがあった。みんなが剥がしていたし、正直なところ、それが起こるのは非常に不運だ」

「それが起こることを常に恐れている。特にパックにいるときは…特にこのようなトラックでは、非常に早くにそれらを剥がすからね。そのようなことが起こることは最悪の悪夢だ」

スクデリア・フェラーリのマッティア・ビノットは、捨てバイザーはピットインを余儀なくしただけでなく、センサーを故障させて、それが残り2周でピットインした際のピットレーンでのスピード違反に繋がったと述べた。

「スピードをオーバーした原因は、単純にボーダーラインだったからだ。ピットレーンでの平均速度の時速0.1 キロだったと思う」とマッティア・ビノットはコメント。

「運が悪かった…右フロントのオーバーヒート中に故障したため、速度を測定する通常のセンサーを使用していなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1ベルギーGP / マックス・フェルスタッペン / シャルル・ルクレール