アルピーヌF1のエステバン・オコン 「ピエール・ガスリーがチームメイトでも問題ない」
エステバン・オコンは、2023年にピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームでチームメイトになったとしても、うまくやっていけない理由はないと語る。

フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1へ移籍するためにアルピーヌF1チームを離脱し、リザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリが後任を務める可能性が高いように見えたが、現在、それはF1の契約承認委員会(CRB)に移されており、ピアストリはダニエル・リカルドの後任としてマクラーレンと契約したと考えられている。

そのため、CRBがマクラーレンに有利な判決を下した場合、アルピーヌF1チームは別のドライバーを起用する余儀なくされる。

潜在的な名前のリストの中には、2023年にアルファタウリと契約しているにもかかわらず、現在レッドブル・レーシングに戻る明確なルートがないピエール・ガスリーがいる。

アルピーヌF1チームへの早期脱出は理論上は魅力的に見えるが、パドックでは、ピエール・ガスリーは、同じフランス人エステバン・オコンはうまくやっていないという噂がある。

F1ベルギーGPレースの週末の前に、エステバン・オコンはハースF1チームのミック・シューマッハを次のチームメイトに指名した。

ピエール・ガスリーとの関係について質問されたエステバン・オコンは「仲良くやっているよ。お互いに敬意を払っている。それが重要なことだと思う」とコメント。

では、アルパインF1チームでそのオールフランスのラインナップが誕生する可能性はあるのだろうか?

「あるよ」とエステバン・オコンは断言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ピエール・ガスリー / アルピーヌ